『甘えん坊な猫』の共通点とは?5つのポイント

『甘えん坊な猫』の共通点とは?5つのポイント

猫といえばマイペースでクールな印象が強いですが、中には甘えん坊な猫もいます。今回は、甘えん坊猫の共通点や、生活を共にするうえで気をつけてほしいことを紹介いたします。

11160view

甘えん坊な猫の共通点

甘える猫

猫といえば、自立した性格でクールな印象があるでしょう。

ところが、猫界にも甘えん坊がいます。

個体差こそありますが、甘えん坊になりやすい猫にはいくつか共通点があります。

今回は、その代表的なものを5つ紹介いたします。

1.オス猫

直接子育てをする機会が少ないオス猫は、メス猫に比べて甘えん坊です。

いつまで経っても幼さが残り、赤ちゃんのような印象を受けやすいでしょう。

去勢手術を受けると縄張り意識が弱くなるため、より1層穏やかな性格になります。

2.茶トラ猫

茶トラ猫とは、赤みがかったきつね色に縞模様が入った被毛を持つ猫です。遺伝子の関係で、オス猫がよく誕生します。

オス猫が多いことから、猫の中でも茶トラ猫は甘えん坊になりやすい傾向にあります。

3.飼い主さんと過ごす時間が長い

主婦やテレワーク中心の仕事をしている飼い主さんの拠点は自宅になります。

在宅時間が長いということは、自ずと猫と過ごす時間が長くなりますよね。

このように一緒にいる機会が多くなると、猫は甘えん坊になります。

好きなタイミングで甘えられ、いつもそばにいてくれる安心感を得られるからです。

4.人を恐れない

人が怖くないという要素も大きいでしょう。

フレンドリーな父猫を持ち、人馴れした母猫に育てられた猫は人懐っこくなります。

5.お母さん子

人間のきょうだいの中にも特に「お母さん子」という子がいますよね。猫にもそのような子がいます。

それでも野生の世界では、性格に関係なく必ず独立しなければなりません。

しかし家猫は違います。飼い主さんの元を巣立つことがない分、いつまでもお母さん子のままでいられます。

甘えん坊と暮らすうえで気をつけたいこと

鳴く猫

ツンデレな猫も可愛らしいですが、素直に甘えてくれる猫も愛おしいですよね。

猫の個性なので好きなだけ甘えさせてあげたい!!と思うかもしれませんが、いくつか注意してほしいことがあります。

分離不安症になりやすい

分離不安症とは、飼い主さんの姿が見えなくなるだけで不安になり、体調を崩してしまう状況を指します。

甘えん坊の猫は分離不安になりやすいので要注意です。

日頃からひとり遊びをさせ、最低限の留守番ができるようにしておきましょう。

お邪魔猫と化すことも

飼い主さんがPCやスマホに集中していると、邪魔をすることがありますよね。大事な仕事中の場合は手を焼いてしまいます。

いわゆるお邪魔猫に悪意はありません。飼い主さんへの興味が強かったり、嫉妬しているだけなのです。

子猫の場合は、作業に入る前に寝落ちするまで遊んであげることが効果的です。

成猫の場合は、空いたスペースに箱を置いて入ってもらったり、椅子を置いて座ってもらうなどの対応をすると良いでしょう。

まとめ

膝の上に乗る茶トラ猫

今回は、甘えん坊な猫の共通点を紹介させてただきました。とても愛らしいですが、その分心配事も尽きないですよね。

基本的には個性を尊重し、たっぷり甘えさせてあげることが大切です。

ただし、分離不安症や緊急時(飼い主さんの急な入院など)に備えて、ある程度はひとりで過ごせるように練習しておきましょう。

スポンサーリンク