猫に『嫌われる行為』とは?絶対しちゃダメな3つのこと

猫に『嫌われる行為』とは?絶対しちゃダメな3つのこと

猫が好きな人ならきっと「猫から好かれたい」と思うことでしょう。しかし、好かれようと思ってやった行動がかえって猫に嫌われる結果に繋がってしまうこともあるのです。今回はそんな意外と見落としがちな「猫に嫌われてしまうNG行為」について解説してまいります。

1674view

こんな行動は猫から嫌われてしまうかも!?

威嚇する猫

猫と仲良くなりたいのであれば「どんなことをすれば猫が喜ぶか」といった知識はもちろん知っておく必要があります。

けれども反対に、「どんなことをすると猫に嫌われてしまうか」といった知識もつけておくのがおすすめです。

猫が嫌う行為を避けるように注意しながら接すれば、きっと猫側の安心感や信頼度も高まるはず!

そこで今回は、猫に嫌われてしまう「絶対にやってはいけない行為」について解説をしてまいります。

猫と関係を築く上で本記事を参考にして頂けたら幸いです。

1.無理やり近づいたり触ったりする

抱っこされる猫

猫が嫌がっていたり、ひとりで静かに過ごしたがっている時に無理にスキンシップを図ろうとするのはおすすめできません。

また、眠っている猫を起こして触ったりする行為も、猫の気分を害してしまう危険性があるため絶対にやめましょう。

猫の気分や状況をしっかりと判断し、猫の気分が良い時や甘えたがっている時を狙って構ってあげるのが重要なポイントです。

2.猫の嫌う匂いを身につけている

猫のそばで喫煙する男性

猫はタバコや香水、アロマ、柑橘系の酸っぱい匂いなどが苦手です。

このような匂いを身につけた状態で猫に近づいてしまうと猫に不快感を与えてしまいます。

その結果、猫から嫌われてしまったり、匂いのせいでストレスを与えてしまう可能性があります。

また、飼い主さんがよその猫と触れ合った後に、自宅の愛猫に近づく場合も注意しましょう。

警戒心の強い猫や縄張り意識が強い猫の場合、見知らぬ他の猫の匂いを嗅ぎ取って、威嚇したり怖がったりするケースもあるからです。

他の猫の匂いに対して神経質な猫を飼っている場合は、一旦着替えてから愛猫に接する等の行動を心がけましょう。

3.大声や低い声で話す

猫のそばで叫ぶ女性

猫の近くで大声や低い声を発するのもNG行為です。

猫は大きな音や低い声を怖がる傾向にあり、そのような喋り方をする人を嫌う猫もいるため注意しましょう。

反対に、小声や高い声で話す人に対しては安心感を覚える傾向にあるようです。

猫に話しかける時は、できるだけ小声と高い声を意識するのがおすすめです。

まとめ

頭を触られて嫌がる猫

猫に嫌われないためのコツは「猫の習性や気持ちを把握しておくこと」にあるといえます。

猫に嫌われる行為を避けて接するようにすれば、きっと猫からの信頼を少しずつ得られるようになるでしょう。

スポンサーリンク