猫が飼い主に隠れて『こっそりしてること』3選

猫が飼い主に隠れて『こっそりしてること』3選

猫と暮らしていると、猫が時に怪しい行動をしていることがありますよね。実は、飼い主さんに隠れてこっそりしていることがあります。そんな猫の行動を3つご紹介します。

3182view

1.飼い主さんを覗き見

覗き見する猫

飼い主さんが忙しくしていると、実は猫が物陰からじっと覗き見していることがあります。

スリスリして甘えたり、鳴いて訴えたりせずに、物陰や隙間から覗き見するのはなぜなのでしょうか?

その理由は、猫の野生時代の習性からきています。

猫は待ち伏せ型のハンター。物陰から獲物に狙いを定め、一気に飛びかかります。

猫はこの習性により、飼い主さんが気づかぬうちに、こっそりと覗き見をすることがあるのです。

飼い主さんは、愛猫の覗き見に気づいても、驚かすような行動はやめましょうね。

2.物色する

チーズを取る猫

飼い主さんが帰宅したら、ご飯やオヤツが物色されていた、オモチャ箱が荒らされていた、なんて経験はありませんか?

猫にとって食事や遊びは大好きな時間です。

飼い主さんの帰宅を待ちきれずに、こっそり物色してしまうこともあるのです。

猫は、飼い主さんがご飯やオヤツ、オモチャをしまっている所をよく見ています。

自分のお気に入りの物がどこにあるのか、しっかり理解しているのです。

食べ過ぎで肥満になってしまったり、オモチャを誤飲してしまう可能性もあります。

家を空けるときは、猫に物色されないように管理をしておきましょうね。

3.飼い主さんの匂いを嗅ぐ

靴の匂いを嗅ぐ猫

猫は、こっそりと飼い主さんの匂いを嗅ぐことがあります。

飼い主さんの服や靴だけではなく、飼い主さんが気づいていないときに、足の裏の匂いを嗅ぐなんてこともあるようです。

猫は縄張り意識が強いため、自分の縄張りに怪しい匂いが入ってくるのを嫌がります。

飼い主さんがどこに行き、何をしてきたのか気になるのでしょう。

クンクンと匂いを嗅ぎ、自分の知らない匂いだと、スリスリして自分の匂いを上書きしているのです。

まとめ

上から見下ろす猫

いかがでしたか?

猫は謎多き動物。ときに不可解な行動をとりますが、そのほとんどが本能や習性からくるものです。

そのため、猫の「こっそり」行動も悪気はないのでしょう。

愛する猫の生態を知るためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク