猫が『キャリーケース』を嫌がる…慣れてもらう3つのコツ

猫が『キャリーケース』を嫌がる…慣れてもらう3つのコツ

猫を飼っている場合、猫を病院へ連れて行く時や引っ越しなどに必要となってくる「キャリーケース」。しかし、そんなキャリーケースに慣れてくれない猫もたくさんいます。そこで今回は猫をキャリーケースに慣れさせるおすすめのコツについて解説をしてまいります。

553view

どうすれば猫はキャリーケースに慣れる?

キャリーケースで運ばれる猫

猫を飼う上で必須アイテムともいえる「キャリーケース」。

普段は室内飼いをしていたとしても、動物病院への通院などで必要になってくるシーンは多々あります。

しかし、いざというときにキャリーケースに猫を入れたいのに、なかなか入ってくれない…となると飼い主さんも困ってしまいますよね。

そんな状況を回避するために、今回は「日頃からできるキャリーケースに慣れされるコツ」について紹介していきます。

最初はキャリーケースが嫌いな猫でも、時間をかけて上手く誘導してあげれば少しずつ慣れてくれますので、ぜひ本記事を参考にして頂けると嬉しいです。

1.おやつを使って慣らしてあげる

舌をペロンと出す猫

キャリーケースに対する恐怖や不安を取り除いてあげるのに、まずおすすめのアイテムなのが「おやつ」です。

まずはキャリーケースの中に、愛猫のお気に入りのおやつを置いておきましょう。

キャリーケースの中でおやつを食べさせる習慣をつけておけば、猫は「キャリーケース=おやつが食べられる場所」と認識してくれる可能性が高いです。

「キャリーケースは少し苦手だけど、おやつのためなら勇気を振り絞って入ってみよう」といった気持ちになってくれる猫は案外多いので、まずはおやつで誘導してあげるのがおすすめです。

2.お布団や布を敷いてあげる

キャリーケースから顔をだす猫

キャリーケースの中に、猫が気に入って使っているお布団や布を敷いておくのもおすすめの方法です。

何もないキャリーケースの中には入ってくれなかったとしても、お気に入りのリラックスグッズが入っていることによって、興味を示してもらえる可能性があります。

最初は無反応だったとしていても、お布団や布を敷いたキャリーケースを室内に常設しておけば、そのうち猫用ベットとして使ってくれる可能性もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

3.キャリーケースに入れた状態で室内散歩する

キャリーケースに入る猫

おやつや布団などを使って少しずつ慣れてきたら、今度は次のステップとして、キャリーケースに猫が入っている状態で家の中をお散歩するのもおすすめです。

キャリーケースに入った状態でいきなり外に出てしまうと、突然の環境の変化に猫もびっくりしてしまう可能性があります。

まずは室内で慣らしてあげるのが好ましいでしょう。

まとめ

キャリーケースの子猫たち

猫は狭い場所を好む傾向にあるため、上手に慣れさせてあげればキャリーケースが好きになる可能性も十分にあります。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ訓練してキャリーケースに入る機会を作ってあげると良いでしょう。

スポンサーリンク