『一緒に寝たがる猫』の深層心理3つ

『一緒に寝たがる猫』の深層心理3つ

猫が一緒に寝てくれる、猫が一緒に寝たがる状況は、猫に信頼されているようでうれしいですよね。実際に猫はどのように思っているのでしょうか。猫が飼い主さんと一緒に寝たがる心理をご紹介します。

4389view

1.飼い主さんを母猫のように思っている

人の顔に顔をつけて寝る猫

ごはんを用意してくれたり、トイレをきれいにしてくれたり、身の回りのお世話をしてくれる飼い主さんのことを猫は母猫のように思っています。

自分を守ってくれる存在である飼い主さんの側なら安心して眠れるのです。

子猫のような気持ちで飼い主さんに甘えて眠りたい、独り占めしたいと思っている猫もいます。

特に母猫と離れるのが早かった猫は飼い主さんと一緒に寝たがることが多いようです。

寝る位置が飼い主さんの顔に近いほど猫の性格が子どもっぽく、飼い主さんの足の近くで寝る猫や一緒に寝たがらない猫は大人っぽい性格と言われています。

寝る時間になると甘えたり鳴いたりする猫は「一緒に寝よう!」と飼い主さんにアピールしていたり「寝る時間だよ」と教えてくれていたりするのかもしれませんね。

2.あたたかい

子どもと寝る猫

寒がりな猫は多いですが、猫は快適な場所を見つけるのが上手です。

飼い主さんにくっつくことであたたかく寝ることができるので、一緒に寝たがるのです。

布団の上で飼い主さんに寄りかかるように寝たり、布団の中に潜って寝たりする猫がいます。

ただし、猫が飼い主さんと一緒に寝たがるのは、冬など寒いとき限定の場合が多いです。

猫は飼い主さんを湯たんぽのように思っているのかもしれませんね。

3.布団の寝心地が良い

寝そべる猫

飼い主さんと一緒に寝たがるのは、飼い主さんを信頼しているからする行動ですが、実は「飼い主さんの布団が好きだから」という猫もいます。

布団の肌触りやあたたかさを猫は気に入っているのです。自分の布団だと思っている猫もいます。

猫用にベッドを用意しているのにそれを使わずに飼い主さんと一緒に寝る場合は、猫用ベッドが自分好みではなかったり、置き場所に不満があったりするのかもしれません。

猫によって寝床の素材や形、場所にこだわりがあることも多いです。

我が家の猫はふかふかしすぎるのが嫌いで、サラッとした生地を好むなどこだわりがあります。

猫の好みを見つけてリラックスして過ごせる場所を増やしてあげましょう。

まとめ

人になでられて寝る猫

猫が飼い主さんと一緒に寝たがるのは、以下のような深層心理があるようです。

  • 飼い主さんを母猫のように信頼しているから
  • 一緒に寝るとあたたかく寝られるから
  • 飼い主さんの布団を気に入っているから

飼い主さんと一緒に寝る理由は猫によって違いますが、飼い主さんのことを信頼しているからこそ一緒に寝ようとしています。

一緒に寝る愛猫がどんなことを思っているのか考えると、より愛しい存在に思えますよね。

スポンサーリンク