猫が幸せになる『住まいの環境』とは?押さえるべき5つの条件

猫が幸せになる『住まいの環境』とは?押さえるべき5つの条件

猫の幸せのため、猫が満足するために飼い主さんはいろいろな猫用品を用意しますよね。猫が満足するには住まいの環境も大切です。猫が幸せになる住まいの条件をご紹介します。

781view

1.高い場所

家具の上で寝そべる猫

猫は高くて見晴らしのいい場所が好きです。高いところは獲物を見つけやすい、敵から見つかりにくいというメリットがあるからです。

高いところから飼い主さんの行動を観察したり、誰にも邪魔されずにリラックスタイムを過ごしたりしています。

高い場所へ登ったり下りたりすることで運動にもなるので、猫のストレス対策のためにキャットタワーを設置したり家具を並べたりしてあげましょう。

2.外を眺められる

外を見る猫の後ろ姿

猫は窓からいろいろなものを見て楽しんでいるそうです。

鳥、風で揺れる草などをじっと見ていたり、ただボーッと外を見てリラックスしていたりします。

日向ぼっこで気持ちよく過ごすこともできます。また、猫は縄張りをもつ生き物です。

窓から見えている範囲は自分の縄張りだと思っているとも言われています。

縄張りのパトロールとして外を眺めているのかもしれませんね。

3.快適な室温

寝ている猫の顔

ある程度の暑さ寒さなら猫も問題なく過ごすことができますが、真夏や真冬は対策をしてあげる必要があります。

夏は熱中症になる可能性があるのでエアコンで室温を調節してあげましょう。

しかし、冷房が苦手な猫がいたり、停電でエアコンが切れたりすることもありますので、以下ような準備をしておくことをおすすめします。

  • 寒くなったら冷気が届かない部屋に行かれるようにしておく
  • エアコンが切れてしまっても、家の中で涼しい場所へ行かれるようにしておく
  • クールマットを用意しておく

冬は猫ベッドに毛布を置いて潜れるようにしたり、タオルで包んだ湯たんぽなどを用意したりしましょう。

4.猫だけの場所

猫ベッドに入る猫

キャットタワーもそうですが、猫が安心できる猫だけの居場所を作ってあげましょう。

猫は高いところも好きですが、狭くて薄暗い場所も好きです。

敵からの危険を回避できるため、狭くて薄暗い場所は猫が落ち着くことができます。

警戒心の強い猫にとっては、お客さんが来たときに隠れられると場所があると安心です。

多頭飼育では、各々1匹ずつ、その猫だけのスペースを用意してあげましょう。

5.爪とぎ

爪とぎをする猫

猫にとって爪とぎは、爪のお手入れだけでなく、自分のにおいをつける、気持ちを切り替えるなどの目的があります。

猫が気に入る素材でできた爪とぎを用意してあげましょう。

床に置くタイプや支柱タイプなど形も様々な種類があります。

色々試して猫が気持ちよくできるものを見つけてあげましょう。

まとめ

窓辺で空を見上げる猫

猫がストレスなく幸せに暮らせる住まいの環境は、高いところや狭いところがある、爪とぎを十分できるなど、「猫らしくいられる」ことが条件となります。

時々環境を見直して、愛猫が満足して暮らしているのか観察してみましょう。

スポンサーリンク