猫が絶対『許せないこと』ワースト5!

猫が絶対『許せないこと』ワースト5!

猫にも「許せない」と思うことがあります。自由気ままと言われる猫ですが、そのときに気分で怒っているのではなく、きちんとした理由があって「許せない」と怒っているのです。猫が許せないと思うことをご紹介します。

10109view

1.飼い猫を増やす

並ぶ3匹の猫

猫は縄張りを持つ生き物で、環境が変わることに敏感です。

新入り猫が加わることは先住猫にとって「自分の縄張りに他の猫が侵入している」「環境が大きく変わる」ということであり、ストレスを感じてしまいます。

猫が増えると縄張り争いが起きてしまったり、猫同士の相性が悪くて喧嘩が起きたりすることもあるのです。

猫同士の仲が悪くなくても、猫の数が多いと自分だけの空間が無く、それがストレスとなることもあります。

また、猫の数を増えることで猫のお世話や健康チェックが行き届かなくなり、猫が不満を感じてしまう恐れもあります。

猫を増やす前に、先住猫の性格や飼育スペースについて考える必要があるでしょう。

2.お客さんを招く

家具の下に隠れる猫

おうちにお客さんが来ると、猫は自分の縄張りに侵入者がいると認識して緊張したりおびえてしまったりします。

安全と思う場所に隠れてしまう猫もいます。

さらに、飼い主さんが猫をお客さんの前に連れて行って見てもらおうとする行為や、猫を無理やり触ろうと近づいて来たりする行動に猫は迷惑をしています。

人が好きな猫もいますが、猫のペースを崩さないようにしてあげましょう。

3.自分以外の猫や人ばかりを構う

なでられる猫と奥で座る猫

今までは飼い主さんが自分だけをかわいがってくれたのに、新入り猫や人間の赤ちゃんのお世話ばかりをする飼い主さんを見て、猫が不安になってしまうことがあります。

不安によるストレスで飼い主さんや新入り猫などに威嚇をしたり攻撃的になってしまうケースや、ストレスが原因で膀胱炎など病気になってしまうこともあるのです。

何をするにも先住猫を優先にする、先住猫だけと触れ合う時間を作るようするなどケアが必要です。

4.飼い主さんから知らない猫のにおいがする

人の手のにおいを嗅ぐ猫

猫カフェに行ってきた、猫のいるおうちに行ってきたなど、愛猫以外の猫とふれあう機会があると思います。

帰宅すると愛猫のニオイチェックが始まるでしょう。

知らない猫のにおいがする飼い主さんに威嚇したり、怒りっぽくなったりすることがあるのです。飼い主さんから逃げてしまう猫もいます。

時間とともにいつものように戻ることが多いでしょう。

5.構いすぎる

人の手を噛む猫

猫をなでたり、抱っこをしたり、可愛い猫をずっと構っていたい飼い主さんの気持ちとは反対に、猫は長い時間構われることを嫌います。

しっぽをブンブンと振ったり、耳を後ろに向けるなどイライラのサインが見られたら開放してあげましょう。

それでも猫を構うと、猫が怒って噛まれたり引っかかれたりしてしまいます。

まとめ

不機嫌な猫の顔

猫が許せないことは、縄張りに侵入者が来ることや、環境の変化などが挙げられます。

長い時間構われることも許せないと思う場合があります。

ご紹介したことに対して猫が必ず「許せない」という感情になるわけではありません。

猫の性格によっては平気だったり、飼い主さんの猫に対する接し方やケアによって落ち着いて過ごせる場合もあります。

愛猫の性格に合わせた接し方をしてあげましょう。

スポンサーリンク