猫が『目をそらす』時の意味3つ

猫が『目をそらす』時の意味3つ

猫と目が合った時、フイと視線をそらされてしまったことはありませんか?目をそらすなんて、嫌がっている?いいえ、目をそらすという行為、猫には猫なりの意味があるようですよ。では、猫が目をそらすことには、どんな理由があるのでしょうか?

1257view

1.反抗しません

うつむき加減に座っている猫

猫のイタズラを発見した時、「ダメ!」と怒っていまうことがあると思います。

大声を出したり叩いたりするのはいけませんが、猫が問題行動を起こした時点で短く叱るのは、しつけとして有効だと言われています。

とはいえ、イタズラは猫の習性からしてしまうものなので、できるだけ飼い主の方で事前に対策しておくことも必要です。

さて、怒られた時に、猫は目をそらしてしまうことがありますね。

人間の感覚では、「何て反抗的なんだろう」と思ってしまうものですが、実はその逆。

反抗心がないことを伝えているのです。もう十分反省していると思いますよ。

2.敵意はありません

視線を横に向ける猫

猫の目をじっと見てはいけないと言います。

なぜなら、猫の世界では、相手の目を見ることは威嚇を意味するからです。

お互いに目を合わせていると、ケンカが始まってしまいますが、猫もできれば無用な争いはしたくないと思っています。

そこで、相手に敵意がないことを示すために視線を外すのです。

室内で多頭飼いされている猫たちも、さりげなく視線を外してケンカにならないようにしていますよ。

3.リラックスモード

仰向けに寝転がる猫

野生の猫は、相手をじっと見つめることがあります。

それは、猫の視力があまりよくないからと言われています。

よく見て、相手が何者なのか…獲物か敵か、見極める必要があるのです。

しかし、室内で飼われている猫は、いつも過ごしている場所が安全だとわかっています。

そばにいるのが大好きな飼い主だということも知っています。

そのため、相手をじっと見て判断する必要がなく、目をそらしてしまうのです。つまり、安心しているということですね。

目と目で気持ちを伝え合う

ウインクする猫

猫の目をじっと見つめることは、敵意があるという意味になってしまいます。

カメラが苦手という猫が多いのは、レンズが目に見えてしまうからかもしれません。

かわいい写真を撮りたくても、目をそらしてしまうので、なかなかカメラ目線をしてくれないのです。

もし、猫と目が合ったら、視線をそらすか、ゆっくりとまばたきをしてみて下さい。

まばたきをするのは、猫にとって愛情表現なのです。猫の方もまばたきで返してくれるかもしれませんよ。

そんな風に気持ちを伝え合えたら素敵ですね。

まとめ

横を向いている猫

猫の世界では、相手をじっと見つめることは敵意を表します。

でも、猫は目をそらすこともあれば、飼い主を見つめていることもありますよね。

猫が見つめてくるからといって、飼い主に対して威嚇しているわけではありません。

猫が飼い主を見つめるのは、目で訴えているから。つまり、言いたいことがあるのです。

飼い主に対して要求や不満がある時などに、じっと見つめてしまいます。

また、大好きな飼い主のことが気になって、じっと見てしまうこともあるようですよ。

猫の視線には、深い意味があるのです。

スポンサーリンク