【防災対策】猫との『同行避難』に必要なアイテム4選

【防災対策】猫との『同行避難』に必要なアイテム4選

地震や津波や台風など、日本はさまざまな災害のリスクを抱えている国ともいえます。もし災害が起きて愛猫と一緒に避難することになった場合、どのような持ち物が必要になるのか、本記事で解説してまいります。

836view

いざという時はこれを持って避難しよう!

猫の防災グッズイラスト

突然ですが、皆さんは災害が起きた時のために避難用の持ち物は準備していますか?

何事も起きず平穏な毎日を過ごせるのが1番ではありますが、万が一の時は愛猫を連れて一緒に避難しなくてはいけません。

そんな時のために今回は、避難時に必要となる猫関連の持ち物について紹介したいと思います。

いざという時のために、今のうちから準備をしておきましょう!

1.キャリーバックやハーネス

キャリーバッグに入ろうとする猫

猫の移動に欠かせないキャリーバックやハーネスは必ず用意しておきましょう。

災害が起きなかったとしても、キャリーバックやハーネスは通院時などにも必要になってきます。

そのため、猫を飼う上で必需品と言っても過言ではありません。

車で避難できる場合は、後部座席などに置けるような、やや大きめのケージやキャリーを用意しておくのもおすすめです。

2.猫用のフードや飲み水やお皿

ペットフード

避難所では人間の食べ物に関しては配布があるかもしれませんが、ペット用のごはんの配布がある可能性は極めて低いと言えます。

そのため、猫用のフード数日分とお皿は必ず持っていきましょう。

また、災害状況によっては水が自由に使えない場合もあります。

そのような状況に備えて、数日分の飲み水も一緒に持っていくと良いでしょう。

3.猫用トイレシートや猫砂

猫砂

車移動が可能である程度大きなケージやキャリーで避難ができる場合は、猫用トイレを車内に積んで逃げるのもおすすめです。

もし、猫用トイレを持って逃げることが難しい場合は、猫用トイレシートをキャリーに敷いた状態で避難しましょう。

また、いつもと違う環境でも猫が安心して排泄できるように、愛猫のにおいがついている猫砂を一緒に持っていくのも良いです。

4. 愛猫がリラックスできるグッズ

おもちゃで遊ぶ猫

猫にとって、避難所や避難中の車内生活はどうしてもストレスが溜まりやすいと言えます。

愛猫が少しでもリラックスできるように、以下のようなものを持参するのもおすすめです。

  • お気に入りのおもちゃ
  • 飼い主さんのにおいがついた毛布
  • 大好きなおやつ

お気に入りのものを愛猫の周りにたくさん置いてあげるだけでも、ストレス度合いはだいぶ変わってくると思います。

まとめ

キャリーに入ってる猫

事前に避難準備をしておけば、災害時でも落ち着いてスムーズに避難しやすくなります。

人間用の避難バッグと一緒に、猫用の避難アイテムも今のうちから準備しておきましょう。

スポンサーリンク