猫が『留守番して寂しかった』時の仕草4つ

猫が『留守番して寂しかった』時の仕草4つ

猫はひとりの時間が大好きなのと同様に、人間とのコミュニケーションも楽しみにしています。そのため留守番の時間が長いと(早く帰ってこないかな…)と考えることも多くあるでしょう。人間としては嬉しい、猫の寂しいアピールを見てみましょう。

10679view

1.猛烈なスリスリや頭突き

男性にスリスリする猫

帰ってきた途端に、身体を擦り付けてきたり頭突きをしてくることはありませんか?

マーキングだけではなく「寂しかったニャー」という猫からのアピールです。

外から帰宅すると、人間の身体には様々な匂いが付着しています。

まずは自分の匂いに塗り替えることを行いますが、猛烈なスリスリや頭突きはマーキング以上のメッセージが含まれているでしょう。

2.話しかけてくる

女性に話しかける猫

まるで抗議をするように、ずっと「ニャー、ニャー」と大きめの声で話してくるでしょう。

落ち着くまでは、ずっと鳴き続けているかもしれません。

留守番での寂しい気持ちを訴え、家でどのように過ごしたかを猫なりに報告をしているのでしょう。

積極的な性格の猫ほどしゃべっている時間が長いかもしれません。

是非とも、愛猫が納得するまでじっくりと聞いてあげてくださいね。

3.ずっと後についてくる

女性の後ろにくっついている猫

ストーカーのように、人間の行くところをずっとついてまわるでしょう。

いつも以上に、椅子に座れば膝の上へ、動いたら同じく立ち上がり、トイレに行こうと思えば一緒に入ってきます。

「今日こそは絶対に出かけさせないぞ!」という猫の気持ちの表れかもしれません。

可愛いストーカーの様子はとても健気で微笑ましいですね。

4.要求をしてくる

おやつを手から食べる猫

寂しかった猫が、おやつや遊びを余計に要求することがあります。

いつも以上におやつを食べたがったり、たっぷりと遊びたがったりしている場合は、猫もワガママを言いたくなっているのかもしれません。

食事時間に差し障りがなければおやつをあげたり、疲れない程度に遊んであげましょう。

まとめ

窓から外を眺めている猫

猫が『留守番して寂しかった』時の仕草4つについてお伝えいたしました。

極端に長くなければ、猫にとって留守番時間も楽しく過ごせるようです。

しかし人間と暮らすようになった猫たちは、人間のお世話がなければ生きていくことができません。

家族である可愛い猫を十分に満足させるためにも、長い間ひとりで留守番をさせないように気をつけてください。

猫とのかけがえのない時間を大切に過ごしたいですね。

スポンサーリンク