猫が突然ご飯を食べなくなる原因3つと対策

猫が突然ご飯を食べなくなる原因3つと対策

いつもはごはんをモリモリ食べてくれるのに、ある時から急にごはんを食べなくなった…という場合、何かしらの原因が必ずどこかにあると考えられます。今回は愛猫がごはんを急に食べなくなった時に考えられる原因と対策について詳しく解説していきます。

2061view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫がごはんを食べない!考えられる原因や対策は?

ペットフードが入っているお皿

猫にとって飼い主さんがあげる毎日の食事は「絶対に欠かすことができないもの」のひとつです。

猫の健康を支える上で重要なごはんをある日突然愛猫が食べなくなったら、それは一大事と言えるでしょう。

ごはんを全く食べない状況が続いてしまうと、当然猫の命の危険にも関わってきます。

そこで今回は、猫がごはんを食べなくなった時に考えられるよくある原因と対策を紹介してまいります。

「なぜかごはんを食べてくれない…」と困っている飼い主さんのお役に立てれば幸いです。

1.ごはんの味が気に入らない・味に飽きた

キャットフードの前で目を瞑る猫

人間にも食べ物の好き嫌いがあるように、猫にも当然好き嫌いはあります。

ごはんの味が少し変わっただけでも「この味は気に入らない!」と思った瞬間食べなくなることがあるのです。

また、以前まではよく食べていたフードでも、毎日同じ味が続くことに飽きてしまい、ある時から急に食べなくなることもあります。

このような場合は、愛猫の口に合ったごはんを用意してあげることで解決するケースが多いです。

また、フード自体は同じでも猫用ふりかけなどをかけて味やにおいを変えてあげるのもおすすめですよ!

2.ごはんを食べる時の環境にストレスを覚えている

人間用の皿に盛られた餌にとまどう猫

「ごはんを入れているお皿が合わなくて食べづらい」「周りがうるさくてごはんを食べる時に気が散る」と猫が思っている場合、それがストレスに繋がり結果として食欲が落ちてしまうこともあります。

ごはんの味やにおいと同じくらい、ごはんを食べる時の環境にも気を遣ってあげる必要があるのです。

食器の高さや大きさは合っているか、静かで落ち着ける場所にごはんを設置しているか、食事中に猫の集中を途切れさせるような出来事は起こっていないか…といった細かい点まで気にしてあげて、食事しやすい環境を整えてあげましょう。

3.体調不良のせいで食欲がなくなっている

診察中の猫

体調不良によって食欲がなくなり、ごはんを食べなくなるケースもあるので注意が必要です。

ごはんや環境自体に大きな問題がなさそうな場合は、以下の件を今一度チェックしてみましょう。

  • 怪我をしていないか
  • 口内に異変がないか
  • 排泄物や排泄時に異変がないか
  • 嘔吐や発熱、元気がないなどの不調はないか
  • 歩き方の異変がないか

体調にも大きな異変は見つからない…という場合でも、実は大きな病気が隠れている可能性もあります。

食事を全く食べない状況が半日以上続いた場合は、早めに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

まとめ

ごはんを食べずに寝る猫

猫の性格や状況にもよりますがもともと繊細な動物なので、とてもささいな変化が原因でごはんに口をつけなくなってしまうこともあります。

そのため、愛猫が急にごはんを食べなくなった時は何が原因になっているのかを突き止めて、その原因に合った対策を迅速に行うようにしましょう。

スポンサーリンク