猫が『布団の中』に入りたがる4つのワケ

猫が『布団の中』に入りたがる4つのワケ

飼い主さんの留守中に猫が布団の中で寝ていたり、飼い主さんと一緒に布団の中で寝たりする猫がいます。布団の中が暖かいという理由以外にも理由があるようです。猫が布団に入りたいワケをご紹介します。

1207view

1.飼い主さんへの信頼、甘え

人に抱っこされて寝る猫

猫は単独行動をする生き物ですが、仲の良い猫、親子、子猫の兄弟など信頼している猫同士はくっついて寝ます。

そして、自分のお世話をしてくれる飼い主さんのことは母猫のように思っています。

飼い主さんが眠る布団の中に入ってくっついて一緒に寝ると猫は安心できるのです。

寝ているときは無防備な状態で、飼い主さんは危険から身を守ってくれる存在でもあるのです。

また、子猫のような気分で布団の中に入って飼い主さんに甘える猫もいます。

布団の中で飼い主さんの体や毛布を前足でふみふみして愛情表現をする場合もあります。

猫の寝る場所が飼い主さんの顔に近いほど子どもっぽい性格で、足元に近いほど大人っぽい性格であると言われています。

猫が布団に入って一緒に寝ないからといって、飼い主さんを信頼していないというわけではありません。猫の愛情表現のバリエーションは豊富だからです。

2.暖かい

布団から顔を出して寝る猫

日当たりのいい場所や家電の上など、猫は暖かい場所が好きです。

布団の中に入るのも暖かいからです。飼い主さんにくっついて暖かく寝るのが好きなのでしょう。

冬だけ、肌寒い日だけ布団に入りたがる、顔だけ出す、飼い主さんのお腹の上や足の間で寝るなど、そのときの寒さによって布団に入ったり、布団の中で寝る場所を変えたりする猫もいます。

我が家にも布団に潜りたがる猫がいて、冬は畳んだ布団の中に潜って寝ていることが多いです。

多頭飼育だと何匹も布団の中に入って寝てしまい、飼い主さんが身動きが取れなくなってしまうこともあります。

3.安心する

青い布団の中にいる猫

猫は狭くて暗い場所に入るのが好きです。敵から身を守れるため安心するからです。

布団の中にすっぽり入るのは安心できるからなのでしょう。

飼い主さんがいなくても、布団にはいると飼い主さんのにおいがするので安心できます。

4.布団が好き

寝そべる長毛猫

猫にも寝る場所にこだわりがあります。肌触りやふかふか具合など布団が猫の好みで布団に入りたがることがあります。

猫は快適な場所を見つけるのが上手なので、気持ちよく眠れる場所として布団を見つけたのでしょう。

飼い主さんの布団というよりも「自分の布団」という認識の猫もいるかもしれません。

飼い主さんをいつの間にか布団の端に追いやって、ど真ん中で枕を使って寝る猫もいます。

まとめ

布団に潜ってから目だけ見える猫

猫が布団に入りたがるのは、飼い主さんと寝て安心する、暖かさを求めている、狭い空間が好き、布団そのものが好きなどの理由があります。

愛猫はどのような理由で入っているのかチェックしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク