『気を引きたい猫』がする仕草・行動4つ

『気を引きたい猫』がする仕草・行動4つ

猫は、構ってほしいとき、遊んでほしいときなど気を引くためにあの手この手を使ってアピールします。自由気ままに過ごしている猫ですが、いったいどのような仕草や行動をするのでしょうか?

1373view

1.邪魔をする

キーボードに乗る猫

飼い主さんが仕事や作業をしていると、邪魔をしてくることがありますよね。

パソコンのキーボードの上に乗ったり、新聞を広げると上でくつろいだり…。

何かに夢中になっているときに限って邪魔をするのです。

「そんなのいいから、こっちを見て!」と飼い主さんの気を引きたくてアピールしているのでしょうね。

2.鳴く

鳴いている猫

言葉を話せない猫は、鳴き声でも自分の感情を表現しています。

「ニャーン」と高めの声で鳴くときは、「構ってほしい」「ご飯ちょうだい」など、自分の要望を訴えているのです。

忙しくて構ってくれない飼い主さんの気を引きたくて、鳴いてアピールすることがあります。

3.イタズラをする

物を落とそうとする猫

物を落としたり、破壊したり、猫のイタズラに頭を悩ませる飼い主さんも多いでしょう。

しかし、「コラ!」「ダメ!」と叱ってもほとんど効き目はありません。

猫は叱られているとは理解せず、イタズラをすれば、飼い主さんの気を引くことが出来ると学習します。

叱るのではなく、猫にイタズラされたくない物は片付けておきましょう。

また、猫が1人遊び出来るオモチャを用意すると、退屈せずに過ごせます。

4.クネクネする

お腹を出す猫

猫がじっと見つめ、お腹を出してクネクネすることがありますよね。

何とも愛らしいポーズに、飼い主さんも思わず声を掛けたくなるでしょう。

猫がお腹を出すのは信頼している証。安心できる飼い主さんに甘えたくて、気を引いているのでしょうね。

まとめ

毛糸でいたずらする子猫

いかがでしたか?

猫は意外にも、感情表現が豊かな動物。日頃の何気ない仕草や行動に猫の気持ちが隠されています。

愛する猫との絆を深めるためにも、猫の気持ちを読み取れる飼い主さんになりたいですよね。

そのためにも、上記の内容をぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク