猫が『抱っこ』を嫌がる時の気持ち3つ

猫が『抱っこ』を嫌がる時の気持ち3つ

猫を飼っていたり、猫と接する機会が多いと「抱っこしてみたい」という気持ちが出てくる人は当然多いと思います。スキンシップが好きな猫や、人懐っこい猫の場合はすんなりと抱っこできることもありますが、その一方で抱っこを嫌がる猫もたくさんいるのです。そこで今回は抱っこを嫌がる猫の気持ちについて紹介をしてまいります。

1086view

抱っこを嫌がっている猫は一体どんな気持ちなの?

抱っこされている猫

「猫を抱っこしようとしたら逃げてしまった」「一度も猫の抱っこに成功したことがない」といった悩みを抱えている人はいませんか。

猫にも色々な性格があるので抱っこが好きな猫もいますが、抱っこが苦手な猫や、気分によっては抱っこされたくない!と思う猫もいるのです。

そこで、今回はそんな抱っこが苦手な猫の気持ちについて紹介していきます。

なぜ抱っこされたくないのか、その理由を知れば抱っこを克服できるヒントや猫と仲良くなれるヒントが得られるかもしれませんよ。

1.「怖いからこっち来ないで!」と思っている

猫用ハウスに隠れる猫

もともと人が苦手で、抱っこどころか近寄られるのも「怖い」と感じてしまう子もいます。

警戒心が強い猫や過去に人間から嫌なことをされてトラウマになっている猫などは、いきなり近づいて抱っこしようとしてしまうと、怖がって逃げてしまう可能性が高いです。

そのため、猫の方から近寄ってくるまでは、そっと遠くから見守ることをおすすめします。

2.「その匂いで近づかないで!」と思っている

猫の鼻

猫は匂いに対してとても敏感です。そのため、猫が嫌う匂いを身にまとったまま近づいてしまうと、抱っこを嫌がってしまうかもしれません。

普段は抱っこされるのが好きな猫でも、匂いのせいで距離を置かれてしまう…というのは、よくある話なのです。

猫によって匂いの好き嫌いは多少は分かれますが、柑橘系やアロマ等の匂い、酸っぱい匂い、嫌いな相手や見知らぬ相手の匂い、香水の匂いなどは嫌がる傾向にあります。

猫を抱っこする時には、自分の匂いにも気を付けましょう。

3.「抱っこする時にそこは触らないで!」と思っている

撫でられている猫

抱っこしてほしそうに甘えてきたのに、抱っこした瞬間嫌がって逃げてしまった場合は、うっかり「触ってほしくない場所」を触りながら抱っこしてしまった可能性も考えられます。

猫によって触ってほしくない場所は異なりますが、お腹やしっぽの付け根、手足などを触ると不快感を覚える猫は一定数いるようです。

また、怪我や病気をしている場合、抱っこの時に患部を触ってしまうと嫌がる猫はかなり多いので、抱っこの仕方に注意する必要があります。

まとめ

こちらを見つめる猫

猫が抱っこを嫌がっているのには、当然きちんとした理由があります。

抱っこを嫌がっている時は、猫が不快になるような行動をとっていないか、そもそも猫との信頼関係はしっかりできているかを確認しながら接するようにしましょう。

スポンサーリンク