猫に『生肉』をあげても大丈夫?メリット・デメリット4つと注意点

猫に『生肉』をあげても大丈夫?メリット・デメリット4つと注意点

もちろん猫に生肉をあげても大丈夫です。しかしスーパーの肉そのままでOKかというとそうではありません。猫がそのまま食べていいのは新鮮な生の肉。しかも人間が生肉食をするときと同じレベルの衛生管理が必要です。栄養たっぷりな生肉を猫に食べせるときの注意点とは?メリット・デメリットも合わせてご紹介します。

436view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

生肉食のメリット

肉にかぶりつくキジトラ子猫

1.毛艶がよくなる・元気になる

熱を通さない肉には酵素がたくさん含まれているといわれます。

その効能か、生肉メインの食事に変えると毛艶やお腹の調子がよくなり、活発になったと感じる飼い主さんが少なくありません。

2.食の幅が広がる

生肉は猫の本能をくすぐるだけでなく、たんぱく質やビタミンが豊富で栄養満点の食べものです。

おやつとして少量与えても喜ばれ、食欲不振時などのブースターとしても期待できます。

生肉食のデメリット

鼠を見つめるキジトラ

1.身の部分だけでは栄養が偏る

生の肉が完全食であるためには、生きものを頭からしっぽまで丸ごと食べる必要があります。

もし身の部分だけを主食とすれば栄養が偏り、いずれ体調を壊してしまいます。

2.入手や管理が難しい

いい生肉を手に入れるのはなかなか大変です。生肉には寄生虫や病原菌が潜んでいることが少なくなく、特にジビエなどの野生動物の生肉には注意が必要です。

逆にスーパーの肉は寄生虫などの面では安全ですが、生で食べるたたき用以外は加熱調理が前提で、そのままでは食中毒の危険があります。

生肉食の注意点

肉の山と猫

信用できるところから入手する

新鮮なら全てOKというわけではないのが生肉の難しさ。入手先を選ぶなら人間用の生食肉を売っているお店か、犬用の生食肉を専門に扱っているところを選びましょう。

管理を徹底する

安全な肉が入手できても家庭での管理がずさんなら食中毒を起こします。

長期保存は避け、処理したら悪くならないうちにすぐに食べさせましょう。

骨に注意

骨は喉や内臓に刺さる危険があるので基本的にNGです。また火を通した骨は割れやすくなり、さらに危険度が上がるので絶対口にさせないように。

もし骨ごと食べさせたいときは、きちんと指導してくれる方を見つけアドバイスに従いましょう。

少しずつ慣らす

生肉は猫の胃腸に負担が少ないと思われがちですが、実は熱を加えた方が消化はよくなります。

子猫や病気の猫、高齢猫に与える場合には必ず火を通し、元気な猫でも少しずつ量を増やしてお腹を慣らす期間を設けましょう。

まとめ

生肉をなめる猫

生肉食は猫の肉食獣としての本能にかないますし、実際いい食事になってくれます。

しかし肉の選び方や食べさせ方についての知識がないと、せっかくの宝ものが台無しどころか健康を損なう原因になります。そしていくら猫が肉食動物だとしても今の猫たちに必ず食べさせなければいけないものではないことをしっかり認識しましょう。

食べさせるときにはメリット・デメリットをよく考え、注意事項に十分気をつけ食べさせてあげてくださいね。

スポンサーリンク