亡くなった猫が飼い主に『心から願うこと』3つ

亡くなった猫が飼い主に『心から願うこと』3つ

どんなに元気で健康な猫でも、いつか必ずお別れの時というのはやってきます。長年ずっと一緒だった愛猫が亡くなってしまうのはとても悲しいことですが、悲しんでいる飼い主さんに対して、天国に旅立った愛猫はどんなことを願っているのか、憶測ではありますが猫の気持ちについて本記事で紹介してまいります。

3478view

天国に旅立った猫はどんなことを願っている?

肉球の雲

毎日のように一緒に過ごし、家族の一員して生活してきた愛猫とのお別れは飼い主さんにとって非常に辛いものです。

亡くなってしまった現実をなかなか受け入れることが出来なかったり、「生きている時にもっとこうしてあげれば…」といった気持ちに飲まれてしまう人もきっと多いことでしょう。

しかしそんな飼い主さんに対して、きっと亡くなった愛猫はさまざまな感情を抱いていると思います。

あくまで憶測ではありますが、飼い主さんの愛情をいっぱい受け取って天国に行った猫は、亡くなった後どのようなことを願っているのか紹介をしてまいります。

1.「いつまでも悲しまなくていいんだよ」と思っている

猫の手と人間の手で作られたハート

愛猫が亡くなってしまいペットロスになる人も多いと思いますし、ひどく落ち込んでしまう人はきっと少なくないはず。

しかし、天国に行った愛猫はそんな元気のない飼い主さんのことを見て、もしかしたら心配をしているかもしれません。

「そんなに悲しまないでいいんだよ」「少しずつでいいから前を向けるようになるといいな」といった願いを抱えているのかもしれませんね。

2.「飼い主さんがこれからも幸せでいてほしい」と思っている

ハートのクッションで遊ぶ猫

飼い主さんのことが好きだった猫だったら、きっとこれからも飼い主さんの幸せを願っていることでしょう。

「大好きな飼い主さんがずっと健康で、幸せなことに囲まれて過ごせますように…」といった優しい願いを持っている猫もきっとたくさんいるはず。

愛猫が亡くなってしばらくは何も考えられないかもしれませんが、少しずつ現実を受け入れて、愛猫の願いに応えられるように心の整理をしていくのも大切といえるでしょう。

3.「他の子たちの面倒もよろしくね」と思っている

くつろぐ子猫たち

猫を多頭飼いしており、亡くなった猫のほかにも同居している猫がいる場合「他の猫たちの面倒もよろしく」と思っているかもしれません。

悲しみに打ちひしがれる気持ちはとてもよく分かりますし、しばらくは何も手につかないかもしれませんが、今一緒にいる猫たちのことも大切にしながら少しずつ前を向いていきましょう。

まとめ

天国の猫

亡くなった猫がどんなことを思っているのか、本当のところは猫自身にしか分かりません。

しかし、愛猫が生きている間にはたくさん可愛がっていたのなら、愛猫も飼い主さんに対して優しい気持ちや願いを持っているはずです。

スポンサーリンク