猫が『飼い主の足元をぐるぐる回る』時に考えられること4つ

猫が『飼い主の足元をぐるぐる回る』時に考えられること4つ

猫が飼い主さんの足元でぐるぐると回るのを見たことはありませんか?何とも不思議な行動ですが、いったいなぜなのでしょうか?猫が足元をぐるぐる回る時に考えられることを解説します。

735view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.構ってほしい

見つめる猫

「猫はツンデレ」なんて言いますが、構ってほしいときには、全身でそれを飼い主さんに伝えようとします。

じっと見つめたり、スリスリしたり一生懸命アピールしますが、それでも気づいてもらえないときに足元をぐるぐる回るのです。

「構って!」と必死に訴えている仕草ですので声を掛けたり、撫でてあげたり、「あなたのことを気にしているよ」と伝えてあげましょうね。

2.お腹が空いている

ご飯をあげる男性

猫はお腹が空いていると、あらゆる手段で飼い主さんにアピールします。

飼い主さんの足元をぐるぐる回るのも、その1つと言えるでしょう。

猫は食事の時間を何よりも楽しみにしています。そして、おねだりをすればもらえるということもわかっています。

こんなアピールをされたら根負けして、つい与えたくなりますが、猫の健康を損ねる可能性もあるため、適量を与えるようにしましょうね。

3.トイレを綺麗にしてほしい

トイレの前に座る猫

猫は綺麗好きでトイレには強いこだわりを持つ動物。汚れていると排泄を我慢してしまうこともあるほどです。

「今からするから掃除して!」と飼い主さんに伝えたくて、足元をぐるぐると回るのでしょう。

人間同様、排泄を我慢すると病気になることもあります。

排泄物は速やかに取り除き、猫がいつでも快適に排泄出来るようにしておきましょうね。

4.遊んでほしい

前足を上げる猫

猫は根っからのハンターです。家の中で飼い主さんと暮らすようになってからも、狩猟本能は根強く残っています。

オモチャで遊んであげることは、猫の狩猟本能を刺激し、ストレス解消にも繋がります。

遊び足りないと、飼い主さんの足元をぐるぐると回り、「遊んで!」とアピールするのでしょう。

短時間でも良いので、遊ぶ時間を作ってあげましょうね。

まとめ

足元にすり寄る猫

いかがでしたか?言葉を話せない猫は、あの手この手を使って飼い主さんに必死でアピールします。

足元をぐるぐる回るのは、自分の要求を訴えることが多いようです。

猫が何をしてほしいのか、飼い主さんとしては知っておきたいですよね。ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク