猫の『ダイエット』で絶対してはいけない危険行為4選

猫の『ダイエット』で絶対してはいけない危険行為4選

猫もダイエットを行わなければならない時があります。しかし方法を間違えると猫の健康被害を招く危険性があります。それではNGポイントをおさえておきましょう。

641view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.自己判断で医師の診断を仰がない

病院で体重を測る猫

自己判断で猫のダイエットを行ってはいけません!

猫の適正体重を知るにはオーソドックスな方法があります。猫の身体の見た目、そして摂取カロリーなどから太っているのではと考えてしまう事があるかもしれません。

しかし机上の空論では計算できない部分があり、適切なダイエット方法は個体によって違ってきます。

まずはかかりつけ医に必ず相談をして、血液検査などを受けましょう。

日々の運動量や食べる量、食べているご飯やおやつなども正確に記録をして受診することをお勧めします。

2.医師の処方なしに療法食を与える

販売されている猫のご飯

「療法食」は病気治療のために配合されたフードです。医師の処方がない場合は、勝手な判断で食べさせてはいけません。

猫の身体に必要とされる栄養分は「総合栄養食」と書かれているご飯にしっかりと含まれています。しかし療法食は、本来は摂取するのが当たり前な栄養分を病気によって減らしたり増やしたりしています。そのために、何も問題のない健康体の猫が食べると問題が起きてしまうことがあります。

低脂肪食などの療法食は、必ず医師の処方の元で選択しなければなりません。

3.急激にダイエットを行う

空っぽのお皿の前にいる猫

人間も同じですが、急激なダイエットは生命に関わりますので危険です。

ダイエット食に切り替える場合、移行するため時間をかけなければなりません。猫は繊細でグルメなので食欲不振になってしまう事があります。

特に肥満である猫が食欲不振や絶食に陥ってしまうと、「肝リピドーシス」になってしまう危険性があります。肝リピドーシスは、体内の脂質が肝臓に異常に沈着してしまい、肝機能に支障をきたし命に関わる病気です。

4.多頭暮らしでも気を遣わない

各々お皿で食べる猫たち

必要な猫以外はダイエットをすると危険です。

食事が生きるものにとって大切なことは分かりますよね。ダイエットの必要のない猫が栄養を制限したご飯を食べてしまうと健康被害の危険性があります。そして、ダイエットをしている猫が、他の猫のご飯を食べてしまっては全く意味がありません。

他の猫と同居している場合は、ご飯の管理を徹底しなければなりません。

まとめ

鏡を見る猫

猫の『ダイエット』で絶対やっちゃダメな危険行為4選についてお伝えいたしました。

なるべく、ダイエットをしなくて良い状況に猫の健康状態を保てるのが一番でしょう。日々の運動や適度な食事量、おやつをあげすぎないなど基本を守ることが大切です。

しかし、代謝も食べ方も猫によってそれぞれに違いますから、ダイエットが必要になるかもしれません。その時は、より健康になれるようなダイエットをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク