猫は「おひとりさま」で寂しくない?『1匹飼い』のメリット3つ

猫は「おひとりさま」で寂しくない?『1匹飼い』のメリット3つ

猫を飼っていると「もう1匹いたほうがいいのでは?」と思うこともありますよね。ですが愛猫にとって本当にそれで幸せなのかどうかは分かりません。「おひとりさま」にだってメリットはありますよね。本記事ではそんな「おひとりさま」の猫が感じているかも知れないメリットについてご紹介したいと思います。

885view

1.飼い主を独り占めできる

甘える猫

飼い主さんのことが大好きな猫にとってはライバル猫がいると愛情不足と感じることもあるかも知れません。そのため匹飼いは飼い主さんに好きな時に甘えられるというメリットがあります。

同居猫が飼い主さんに甘えている時は当然自分のことを見てくれていないため、甘えたい気分になる時間が重なった時はちょっと嫉妬してしまうかも…!?

1匹だけであれば思う存分飼い主さんを独占できますし、飼い主さんに甘えるのが何よりも大好き!という猫にとっては1匹のほうがいい…と思っていることもあるかも知れませんね。

2.気楽に過ごせる

リラックスする猫

1匹だけで飼われている猫は同居猫に自分の時間を邪魔される心配がありません。1匹が遊びたい気分であるのに対してもう1匹が寝たい気分の時などはちょっとした揉め事に発展することも。

もちろんフードも自分の好みのものが食べられますし、ゆっくり食事を楽しみたい猫が食べるのが早い他の猫に食事を奪われるなんて心配もありません。

そういったことがストレスになりやすい性格の猫もいますので、好きな時に好きなことをして過ごせるという「ストレスフリー」な生活を楽しめるわけですね。

3.健康管理がしやすい

診察を受ける猫

これは猫自身ではなく飼い主さんにとってのメリットになりますが、複数の猫を飼っていると誰かが吐いてしまったり、排泄に異常が出た時も、現場で遭遇しない限り「どの子だ…?」となってしまいがちです。

飼っている猫が1匹だけなら「体に不調を抱える猫の特定」という、割と大変な事態に遭遇することはありませんし、たとえ愛猫が病気にかかってしまったとしても手厚い看護ができるでしょう。

もちろん、飼い主さんが手厚い看護ができるだけの頭数を見極めて飼っていらっしゃるとは思いますが、もともと持病のない健康な猫が複数の場合は、突然の体調不良の主を特定するのに少し時間がかかってしまうこともあるかもしれません。

まとめ

気楽に過ごす猫

猫が1匹だけだと寂しいだろうから複数飼いたい…という飼い主さんも実際には多いです。

確かに、複数飼っていれば猫同士で遊んでくれたりと助かる部分もありますが、1匹だけで飼うことのメリットも多くあるんですね。

特に新しく迎えた猫と先住猫の相性が悪かったりすると、飼い主さんも「こんなはずじゃなかった…」と思ってしまうこともあるでしょう。性格の穏やかな猫でさえ「この子だけは気に入らない」ということもあります。

愛猫を「おひとりさま」でいさせてあげるのかどうかは、すべて飼い主さんの判断次第です。思うところは多々あるかと思いますが、愛猫の性格を理解しつつ、愛猫にとって最善の策を選んであげたいですね。

スポンサーリンク