猫と過ごす時に絶対しちゃダメなこと5選

猫と過ごす時に絶対しちゃダメなこと5選

愛猫とのラブラブな時間。ゴロゴロとかわいく甘えてきて、幸せ!毎日そんなうらやましい時間を過ごしていらっしゃるそこの飼い主さん、猫と過ごすとき、絶対してはいけないことをご存知ですか?

1546view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.しつこく触る

抱っこされている猫

猫は大好きな飼い主さんに触られるのは嫌ではありません。むしろ気分が乗っているときは、猫の方から催促してきます。

でも、しつこく触られるのは大嫌いなのです。「もういい!」「やめて!」と言っているのに、飼い主さんがやめてくれなかったら…。猫は嫌になってしまうでしょう。信頼関係にヒビすら入ってしまうかもしれません。

マイペースな生き物のため、飼い主さんが猫に合わせる必要があります。猫が嫌がったら触るのはやめてあげましょう。

2.おやつの与えすぎ

食べる猫

かわいい猫が美味しそうにおやつを食べる姿を目にしたり、上目づかいでおねだりされたりしたらついつい、次々と与えたくなってしまうのではないでしょうか?

でもそれはしてはいけないことです。なぜなら、猫の肥満を増長してしまうから。肥満は万病の元です。

おやつはほどほどに与えること。そして与えた分のカロリーを、ご飯から差し引くようにするのが鉄則です。ただし、ご飯から差し引けばOK!というわけではありません。おやつのあげすぎは栄養バランスを崩してしまうので要注意です。

3.大きな音を立てる

寝そべる猫

猫は大きな音が苦手です。そのため、一緒に過ごしているときにバタバタとしていると、嫌がってしまうでしょう。猫に「危ない人」認定されたら、それ以上近よってきてくれなくなってしまうかもしれません。

猫と過ごすときは極力、静かにしましょう。静かな環境が猫には必要です。ゆったりリラックスしてすごせるよう、環境を整えてあげてください。

4.拘束する

ホールド

体のお手入れや投薬などで猫を拘束しなければいけない場合があるでしょう。それは仕方のないことです。

ですがそれ以外で差し当たって必要がないのに、猫を拘束するのは避けてください。嫌がるどころか攻撃されてしまうかもしれません。お互いにとって全くメリットがありませんので、愛情表現の抱っこであっても、猫が嫌がるときはすぐに解放してあげましょう。

5.急に動く

驚いている猫

猫は急に動かれると驚いてしまいます。なるべくゆっくり動くように心がけてあげましょう。

猫が子供を苦手に感じるのは、急に動き出すからです。予想のつかない動きに恐怖を感じてしまいます。猫と過ごすときはなるべく落ち着き、静かにしてあげましょう。

まとめ

睨む猫

猫は落ち着きのない騒がしい環境が苦手です。リラックスできないとストレスがたまり、体調に響いてくる可能性があります。落ち着けなければ飼い主さんと一緒にいることすら、拒むようになってしまうかも。

愛猫との時間は飼い主さんもリラックスタイムにして、お互いゆったりまったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク