猫にとっての『理想の暮らし』とは?3つの条件や生活のコツを解説

猫にとっての『理想の暮らし』とは?3つの条件や生活のコツを解説

みなさんはどんな「理想の暮らし」を思い描いていますか?人間の場合「大きくて広い家に住みたい」「静かな場所に住みたい」といったようにさまざまな理想を思い描いている人が多いと思いますが、実は猫にも「こんな生活がしたい」といったような理想像があるのです。今回は猫が思い描く「理想の暮らし」について紹介をしてまいります。

1110view

猫はどんな暮らしを求めているの?

猫用ハウスでくつろぐ猫達

人間が求める理想の暮らしと、猫が求める理想の暮らしは、共通している部分もあれば、そうでない部分もあります。

具体的にどんな暮らしを提供すれば猫は喜ぶのか、さっそく3つほど例を挙げて解説をしてまいります。

1.ひとりきりになれる場所がたくさんある

狭い場所でくつろぐ猫

猫は飼い主さんにデレデレと甘えたい時もあれば、ひとりきりで静かにくつろぎたい時もあります。

そのため、家の中に猫がひとりになれる空間をたくさん作ってあげるのが好ましいです。

くつろぎたい時だけでなく、よく知らない人が来客で家に上がってきて不安な時や、急に大きな音がしてびっくりした時などに「ひとりきりになれる空間」があれば、気持ちをゆっくりと落ち着かせることができるので、猫の精神衛生的にも必要不可欠なものといえるでしょう。

また、猫は暗い場所や静かな場所を好む傾向にあるので、押入れの中やベッドの下、猫用のおうちなどに、猫用クッションやお気に入りのおもちゃや毛布などを用意してあげるとさらにベストといえるでしょう。

2.室内飼いしていても外の様子が見られる

窓の外を見る猫

猫を完全室内飼いをしている飼い主さんは多いと思いますが、例え子猫の頃から室内飼いされていた猫だったとしても、やはり外の様子は気になるもの。

窓の外から見える人の様子や、虫や鳥などの様子を見て、気分転換をしている猫はたくさんいます。

そのため、猫を飼うのであれば、できるだけ外の様子が分かる大きな窓のある部屋で一緒に暮らすのがおすすめです。

3.食事やトイレ、室内温度などの環境が常に整っている

リビングにいる猫

猫を飼う以上当たり前のことではありますが、食事やトイレなどのお世話は飼い主さんがしてあげないと、飼い猫自身ではどうすることもできません。

また、夏の暑い時期や冬の寒い時期は部屋の温度調整なども飼い主さんがやってあげる必要があります。

このような「生活する上で欠かせない最低限の環境」を整えてあげることによって、猫の満足度は一気に高まりますし、逆にこのような環境を用意してあげられないのであれば、猫を飼わないほうがよいといえるでしょう。

まとめ

きりっとした表情の猫

猫の思い描く理想の暮らしに寄り添った環境づくりや配慮をしてあげれば、飼い主さんへの信頼度が高まったり、猫のストレスが溜まりにくくなったり…と良いことづくしです!

猫の好みや猫の気持ちを考えてあげながら、ぜひ家の中を整えてあげましょう。

スポンサーリンク