『高齢猫に最適な食事』の選び方4選!食べない時にできる工夫とは?

『高齢猫に最適な食事』の選び方4選!食べない時にできる工夫とは?

猫が高齢になって直面することの1つに「ごはんを食べない」という悩みがあります。食事を催促する割には食べなかったり、食べても少ししか口にしなかったり。病気が潜んでいることもありますが、それにしても食べてくれなければ治るものも治りません。ここではそんな高齢猫の、食欲不振時の工夫についてご紹介します。

440view

1.高齢猫用フードを選ぶ

お皿をのぞき込むアメショー

高齢猫は歯周病や顎の筋肉の衰えから、今までのフードが食べにくくなることがあります。

その点、高齢猫用フードにはドライなら小粒で噛み砕きやすいとか、ウエットならかたまり肉が少なくて舐め取りやすいなど高齢猫に向けた工夫がされています。

またカロリーも高めで少量でも栄養が取りやすいため、お口の問題で食が細っていそうなときには早めのフードチェンジがおすすめです。

2.においを強くする

おなかをすかせた猫

風邪気味で鼻の利かない猫だと、ごはん皿に大好物が入っていても興味を示さないことがよくあります。そんなときは、温めて香りを立たせると興味を示してくれるようになります。

またトッピングに香りの高い鰹節をかけたり、においの強いフードにチェンジしたりするのもいいでしょう。毎回手に取って鼻先でにおいを嗅がせるのもおすすめの方法です。

3.色々な食べ物を試してみる

4種類の食べ物の匂いを嗅ぐ灰色猫

食べない猫にはとにかくさまざまな食べ物を試してみましょう。普段なら我慢させているおやつも食べないときは例外です。むしろ総合栄養食にこだわるあまり、絶食が続いて消化吸収する体力まで失うことの方が問題です。

お刺身や茹でササミ、チーズや以前食べなかったフードなど、何でも試して食に興味を持たせ続けてください。

4.強制給餌をプラスする

タオルにくるまれてミルクを飲む子猫

短期間ならともかく、長期に渡っておやつばかりでは栄養が偏ってしまいます。食欲不振が長引きそうな場合には、強制給餌をプラスしましょう。

強制給餌には、

1.団子にして食べさせる
2.シリンジで食べさせる
3.チューブで胃に流し込む(医師にチューブを常設してもらう)

という3つの方法があります。

強制給餌に尻込みする方は少なくありませんが、腎臓病など長期に渡って食欲不審が目立つ猫には、基礎体力を維持するために是非行ってあげたい食事方法です。

まとめ

ベッドでくつろぐ猫

高齢猫の食欲不振は好き嫌いという形で始まります。しかし決してわがままになったのではありません。

お腹は空くのに、食べづらかったり美味しく感じなかったりで、食べるのを諦めてしまうのが高齢猫の特徴です。

ですから何とか工夫して愛猫の「美味しい」を探しましょう。そして食欲不振が長引きそうなら、強制給餌でベースアップを!それで基礎体力が維持できれば、また自力で食べ始める可能性が大きくなります。

無理せず無理をさせず、笑顔を忘れないのもポイントの1つですよ。

スポンサーリンク