猫が『お尻を向けて眠っている』ときの心理3選

猫が『お尻を向けて眠っている』ときの心理3選

猫は丸くなったり伸びたり、いろんな寝姿を見せてくれますが、飼い主さんにお尻を向けて寝ることがあるんです。猫がお尻を向けて寝る、そこにはどんな猫の心理が隠されているのでしょうか?3つご紹介します。

2785view

1.信頼している

丸くなって寝る縞模様の猫

猫が飼い主さんにお尻を向けて寝ていると、何か不満があるように思えてしまうかもしれませんが、実は逆なんです。

敵に背後を見せてしまうと後ろから襲われてしまう可能性があります。飼い主さんにお尻を向けているということは、自分の背後を安心して飼い主さんに任せているということなんです。

また、飼い主さんを信頼し、敵に襲われることもない今の状況に安心している気持ちもあらわれています。

猫が飼い主さんの周りのどの位置でお尻を向けて寝ているかによっても心理が異なってきます。

飼い主さんの顔に近い場所で寝る猫は子供っぽい性格と言われています。子猫の頃は母猫やきょうだい猫と顔を近づけてくっついて寝ていますが、大人になるとパーソナルスペースができるからです。

飼い主さんの足に近い位置や少し離れた場所でお尻を向けて寝る猫は、警戒心が強い猫や自立心がある猫と言われています。

我が家の年長猫は私の足に寄りかかるようにお尻を向けて寝ていることが多いです。後輩猫は足元で寝ていますが、自由な格好で好きなように寝ているので、自分を猫だと思っていないように見えてしまいます。

2.なでてほしい

昼寝中にへそ天して寝る猫

飼い主さんにお尻を向けているのは実は「なでてほしい」という要求のあらわれの場合があります。

なでられながら寝るのが好き、なでてもらわないと眠れないという猫もいるんです。

猫によってなでられるのが好きな場所は異なりますが、尻尾の付け根をなでられるのが好きな猫が多いんです。

猫がお尻を向けていたらそっと尻尾の付け根のあたりをなでてあげると猫が喜んだり、リラックスしてくれたりするかもしれません。

3.守ろうとしている

変な寝方をする猫

飼い主さんにお尻を向けて寝ているのは、自分の後ろを飼い主さんに任せているという心理もありますが、反対に飼い主さんを守ろうという気持ちもあるようです。

飼い主さんをかばうために自分のお尻を飼い主さんに向けている、そんな猫もいるんです。

まとめ

キャットタワーにはまって眠る猫

猫がお尻を向けて寝ていると、こちらを見たくないようにも見えてしまいますが、実はそうではありません。

猫がお尻を向けているのは、自分の背後を飼い主さんに任せて安心しているという気持ちや、飼い主さんになでてほしいという気持ちを表しているんです。

また飼い主さんを守ろうとしてお尻を向けて敵に備えているという頼もしい猫もいるようです。

愛猫と一緒に寝る、愛猫が近くで寝ているという場合は、猫がお尻をどちらに向けているのか、どんな気持ちなのか考えてみると、猫の性格が今までよりも分かってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク