猫にあげても『OKなおやつ・NGなおやつ』5選

猫にあげても『OKなおやつ・NGなおやつ』5選

猫はおやつが大好きです。飼い主さんが手に持っただけで、もしくはパッケージを開けただけでかけつける猫もいるでしょう。与えるのはどのようなおやつが適しているのでしょうか?またはダメなものもあるのか、探っていきましょう。

3087view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.【OK】飼い主さんの手作りおやつ

食べる猫

味つけはしないのが鉄則

たとえば肉や魚などに味つけをせず、そのまま焼いたり蒸したりしたものを愛猫におやつとして与えても問題はありません。必ず猫が食べてもOKな食材にしてあげてください。

素材そのままなら余計な添加物等が入っていないので安心して与えられます。猫の小さな口に入るよう、細かくちぎって与えるようにしてください。

2.【OK】食いつきのよいおやつ

おやつ

食いつきがよいおやつは、猫の楽しみやご褒美として与えられます。パッケージを開けただけでかけよってくることはありませんか?それだけそのおやつが大好きなのです。

与えすぎはNG

もちろん、愛猫がほしがるからといって与えすぎはよくありません。基本のご飯がしっかり食べられるように調整してあげてください。おやつはおいしいのですが、栄養的な面ですぐれているとは言えないのです。

そのため、おやつばかりを与えていると肥満になったり体調不良を起こしてしまったりします。与えすぎにならないよう、注意していきましょう。

3.【OK】素材がシンプルなおやつ

食べている子猫

いくら猫がほしがっても、それが添加物いっぱいのおやつだったら…。販売されている時点で危険ではないことは確かですが、やはりできるだけ安全なおやつを選んであげたいもの。

原材料名をチェックし、シンプルな素材のおやつを選ぶとよいでしょう。パッケージの裏面を見ると、どのような材料で作られているのかがわかります。

できればよくわからないカタカナや漢字名が並んでいるものより、「かつお」「マグロ」など1種類のみのシンプルなおやつの方がオススメです。

4.【NG】人用のおやつ

ケーキと猫

人用のおやつは絶対猫には与えないようにしてください。味つけが濃すぎるという点や猫が食べてはいけない食材が入っている可能性があります。飼い主さんが食べていると愛猫がおねだりをしてくるかもしれませんが、与えないようにしましょう。

与えた結果、体調を崩してしまってはいたたまれないでしょう。いくらかわいくおねだりをされても、負けないようにしてください。

5.【NG】猫が食べてはいけないものを含むおやつ

ねぎ

飼い主さんは食べても大丈夫でも、猫にはダメな食材があります。たとえばネギやチョコレートなど。ごく少量でどうこうということはないでしょうが、口に入らないようにする必要があります。

飼い主さんが手作りで与えようとした場合、気がつかずに食べさせてしまっているかもしれません。いつの間にか混入している恐れもあります。十分に注意していきましょう。

まとめ

ぺろっとする猫

基本的に猫におやつは必要ではありませんが、状況に応じてうまく使うと役立ってくれるでしょう。OKなものNGなものを知り、安全に与えるようにしてあげてください。

スポンサーリンク