猫が『絶対に譲れない!』と思っていること5つ

猫が『絶対に譲れない!』と思っていること5つ

猫も人間のようにこだわりがあるんです。食事やトイレ、場所などに「これじゃなきゃだめ」と感じている場合があります。どのようなことを譲れないと思っていたり、こだわりを感じていたりするのでしょうか。

1468view

1.ごはんの時間

食事中の猫

猫は自由気ままに生きているように見えて、実はとっても規則正しい生活をする生き物です。

特にごはんの時間は、猫が時計を見ているかのようにきっちりしていると感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

朝決まった時間に飼い主さんを起こす猫や、ごはんの時間が近づくとそわそわする猫もいますよね。

2.トイレ

猫トイレから出てくる猫

猫トイレの数は猫の頭数+1個が理想と言われています。

必要な数のトイレを用意しても決まったトイレしか使わない猫や、おしっこやうんちで使い分ける猫がいます。

猫砂の好みもあり、違う猫砂に変えたところトイレではなく布団でおしっこをするようになったという猫もいるんです。

他にも、トイレ使用後の猫砂のかけ方にこだわりがあったり、他の猫が使ったトイレも気になって一生懸命砂をかけたり、トイレに関して絶対に譲れないと考えている猫は多いのかもしれませんね。

3.なでられる場所

頭をなでられる猫

大好きな飼い主さんになでられるのは猫もうれしいのですが、触られる場所を決めている猫もいます。

頭をよしよししてあげたいのに、しっぽの付け根をなでるように誘導する猫や、首をなでていても不満そうな顔をしてお腹をなでてほしいとアピールする猫もいるんです。

我が家の猫は背中やしっぽをなでていると気持ち良さそうにしているのに、お腹をちょっとでも触ると怒ってしまいます。

4.猫だけの場所

猫ベッドにいる猫

寝る場所やリラックスする場所など、その猫だけの決まった場所というものがあります。

寝るときは飼い主さんの腕枕じゃないと寝ない猫、リラックスする場所は膝の上と決めている猫などがいます。

多頭飼育だとお気に入りの場所をめぐって喧嘩になってしまうこともありますよね。

我が家の猫の場合、ケージの中は飼い主も入ってはいけない場所となっていて、手を入れると怒られてしまいます。

5.ごはんの食べ方、水の飲み方

水道から水を飲む猫

全ての猫ではありませんが、自分だけの食事の仕方がある猫がいるんです。

例えば飼い主さんの手からじゃないと食べない猫や、飼い主さんがそばで見ていないと食べない猫がいます。

水の飲み方も猫によって「この方法じゃないと飲まない」という場合があります。蛇口から水を出してもらって飲む猫や、前足を濡らしてなめて水を飲む猫などです。

我が家の猫はぬるま湯しか飲まないため、水が冷たくなると鳴いて訴えたり、前足を濡らしてなめて仕方なく飲んでいたりします。

まとめ

茶色の長毛の猫

猫にも絶対に譲れないことがあります。食事の時間やトイレの使い方、お気に入りの場所、食事の仕方などです。

飼い主さんが困ってしまうこだわりもありますが、猫らしさも感じますよね。

愛猫の「譲れないこと」は何かを探してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク