猫が飼い主の『服の上で寝る』ときの意味3つ

猫が飼い主の『服の上で寝る』ときの意味3つ

なぜ愛猫が飼い主の「服の上で寝る」のか考えたことはありますか。毛だらけになってしまい、着る時には少しがっかりしてしまいますが、猫の方にも理由があるのです。

2243view

服の上で寝る猫

服の上で寝る猫

猫と一緒に暮らしていると、ふと見た瞬間に飼い主の服の上で寝ている姿を見かけたことはないでしょうか。

気持ち良さそうにスヤスヤ寝ている姿を見るとこちらも幸せになれるのですが、後で着ることを思えば毛だらけになっていることは覚悟しなければなりません。

しかしなぜ、わざわざ服の上を選んで寝るのでしょうか。

他の場所でも良いものですが、今回は猫の視点になって考えてみました。

毎回服の上で寝られてしまう飼い主は理由が分かるかもしれませんので、ぜひ参考にして下さい。

1.安心するから

ぐっすり寝る猫

猫は嗅覚の鋭い生き物です。飼い主の匂いを辿って服に到着し、そのまま知っている匂いのため寝てしまった可能性があります。

縄張りを大切にする生き物でもありますので、自分の知っている匂いに囲まれて寝ることを強く好みます。

親猫のように信頼されている飼い主であれば愛猫の安心できる匂いとして認識されていると思いますので、つい眠気が入ってくるのだと思われます。

また、服は外で着た後でも洗濯後の外干しの後でも、お日様の匂いも染み付いていますので、それも相まって猫の好みに該当するのだと思われます。

2.感触が好きだから

毛布上の子猫

服の上に寝られてしまう飼い主は思い出してみて下さい。もしかすると毎回同じ服の上に寝られていませんか。

その場合は、服の肌触りが愛猫の好みに当てはまっている可能性もあります。

特に猫は毛布やセーターのようなふわふわな感触のものが大好きです。親猫を思い出してその場でゴロゴロ喉を鳴らしながらふみふみに移行する子も多いです。

もしその感触と似た服であるならば、同じように猫はふみふみしそのまま気持ちよくなって寝てしまったということも十分に考えられます。

3.あったかいから

セーターで寝る猫

単純に寒いので暖をとる目的で服の上にいると、そのまま暖かくなって寝てしまったという可能性もあります。

服の上で寝るという行為が秋から冬にかけてよく見られるのであれば、その可能性は高くなるでしょう。

たまたま良い場所がないかなと探索していたら、自分の知っている匂いのする服が目の前にあり、座るとそのまま居心地がよくなってついうとうとしてしまった、という流れです。

暖かい場所を他にも作ってあげると、服の上を選ばなくなるかもしれません。

愛猫が服の上で眠るという行為を辞めさせたい飼い主は今の環境を見直して、猫のリラックスできる暖かい場所を他の場所で作ってあげましょう。

まとめ

居心地が良さそうな猫

飼い主の服の上で眠るという行為は、猫なりの理由があってその場所を選んでいるのかもしれません。

可愛らしい姿なので出来たら堪能していただきたいですが、あまり放置してしまうとお気に入りの服が毛だらけになってしまうので、大切な服だけはきちんとしまっておきましょう。

スポンサーリンク