猫の危険な病気のサインかも…見逃しNGな『嘔吐』5選

猫の危険な病気のサインかも…見逃しNGな『嘔吐』5選

初めて猫と暮らした人は吐く姿にびっくりすることも多いようです。問題のある嘔吐に気づく事ができるように、様々な嘔吐の様子を知っておきましょう。

2619view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.一日に何度も嘔吐

外で吐く猫

嘔吐する時には水分も一緒に含んで吐いてしまうために、一日に何度も吐くと脱水症状を起こす危険があります。

長毛種で毛玉を吐き出しやすい、もしくは吐く回数が他の猫より多いなど個体によって特徴は違います。

しかし、連続して吐く場合は重大な病気の可能性がありますので、見逃してはいけません。

2.嘔吐物に血が混じる

吐く猫

血が混じっている時は、嘔吐物の色は茶色っぽくなります。

ドライフードの色だけではなく濃い色の場合は注意が必要です。

血液の混じった嘔吐物は、血液が酸化して嘔吐物を濃い色に変化させます。

一見しただけでは普通の嘔吐物に見えます。普段、毛玉を吐いた時の色を覚えておいた方が良いでしょう。

3.嘔吐物が臭い

嘔吐物の前にいる猫

嘔吐物からアンモニアの臭いがする場合も危険です。

内臓の働きに重大な問題がある事が多く見逃せない嘔吐です。普段から口臭がしている可能性もあります。

4.嘔吐と共に下痢や血便がある

トイレに入っている猫

嘔吐だけではなく、他に重大な症状が伴っている場合も危険です。

嘔吐だけではなく下痢も続くと脱水症状が悪化し、うずくまって動かなくなってしまうこともあります。緊急事態ですので、とにかく病院を受診してください。

血便は、小腸に問題があるとタール状の黒っぽい便、大腸や結腸など肛門に近い時は鮮血が便に付着する事が多いです。

5.吐出の場合

食べ物を吐出する猫

食べてすぐ直後に、胃まで入らずに吐き出されてしまう場合を吐出と言います。食道が塞がれている危険性があります。

原因は様々ありますが、止まらない時はすぐに病院へ電話をしてください。生命の危険に関わります。

まとめ

元気のない猫

猫の危険な病気のサインかも…見逃しNGな『嘔吐』5選についてお伝えいたしました。

猫は身体が小さいので、ちょっとしたサインを見逃すと重症化する危険性があります。

違いを発見するには、普段の健康的な様子も知らなければなりません。

少しの異変に気がつく事ができるのは一緒に暮らしている人間だけです。常日頃から愛猫の様子をしっかりと把握してあげたいですね。

スポンサーリンク