猫は甘味を感じないって本当?猫の『味覚』にまつわる豆知識3つ

猫は甘味を感じないって本当?猫の『味覚』にまつわる豆知識3つ

猫も人間と同じようにさまざまなものを食べることができますが、実は人間の味覚と猫の味覚は大きく異なるといわれています。今回はとっても興味深い「猫の味覚に関する豆知識」について紹介をしていきますよ!同じ食べ物でも、猫の舌だとどのように味を感じるのか、詳しく解説をしてまいります。

389view

とっても面白い猫の味覚について紹介!

舌をペロンとする猫

人間の場合は甘みや辛み、酸味、苦み、塩味などさまざまな味覚を舌で感じとることができます。

しかし、猫の場合は人間の味覚とはまた異なった味の感じ方をしているようです。

人間にはない「猫ならではの味覚」について、興味深い豆知識を今回は3つご紹介していきます!

1.猫は甘みを感じない!?

ケーキを見ている猫

とても意外かもしれませんが、「猫の味覚は甘みを感じられない」といわれています。

「人間向きの甘い食べ物を食べることによって、甘みに関する何らかの情報を得ているのでは?」と意見も一説にはあるようですが、現段階では「猫は甘みを感じない」という意見のほうが有力みたいです。

ケーキやアイスクリームなど、甘いものを嗅ぎつけて近寄ってくる猫は多いですが、これは甘みに惹かれているのではなく、これらのスイーツに使われている乳製品に惹かれて寄ってきているのでしょう。

2.猫が感じるのは酸味と苦みと塩辛さ!

スプーンにのったおやつを食べる猫

甘みを感じないといわれている猫ですが、逆にどんな味だったら感じ取れるのか気になりますよね。

さまざまな説がありますが、中でも有力なのは「酸味と苦みと塩辛さの3つ」といわれています。

特に、苦みに関する味覚は優れており、強い苦みのあるものは避けることが多いです。

猫にとって毒となる物の多くは「苦み」を持つ傾向にあるため、苦みに対して敏感になる必要があるのでしょう。

3.柑橘系の味は苦手!

大量のみかん

猫は酸味を感じられると先述しましたが、ミカンやレモンなどの柑橘系の味は苦手な傾向にあるようです。

そもそも猫にとって「強い酸味」は「主食としている肉や魚などが腐ったにおい」とイコールになるため、強い酸味を感じ取ると警戒する習性があります。そのため、強い酸味を持つ柑橘類の食べ物は苦手なのです。

また、猫は柑橘系のにおいも苦手としているため、猫よけとしてミカンやレモンなどのにおいを活用することもできます。

猫に入ってほしくない部屋などに柑橘系のにおいを振りまいておけば、自然と猫がその部屋を避けてくれる傾向にあるため、猫よけ対策にも使えます。

まとめ

おやつを食べる猫

猫の味覚は、人間の味覚とは異なる特徴を持っていて、非常に興味深いですよね。

人間にとってはあまり美味しそうに見えないキャットフードでも、猫からしてみたら特別なご馳走といえるのかもしれません。

スポンサーリンク