猫の怪我や事故に要注意!『室内の危険ゾーン』4つ

猫の怪我や事故に要注意!『室内の危険ゾーン』4つ

室内飼いが主流となっている今、"家の中なら安全"だと思っていませんか?しかし、実は家の中にも猫にとっての危険はたくさん潜んでいます。怪我や事故を引き起こさないためにも、室内の危険ゾーンを知っておきましょう。

502view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.お風呂場・洗面所

お風呂場の猫
  • 風呂蓋で足を滑らせ湯船に落ちてしまう
  • 洗濯機に入ったまま気付かない
  • 体についたシャンプーや洗剤を舐めてしまう

猫は元々砂漠地帯で暮らしており、水に濡れるのを嫌がる猫は多いでしょう。

しかし、水の流れる音がするため、お風呂場や洗面所に興味を持つ猫は意外と多いもの。飼い主さんが知らぬ間に、事故が起きるケースもあります。

風呂蓋は閉めておく、シャンプーや洗剤は猫の手の届かない所にしまっておきましょう。

また、洗濯機の中は暗くて狭い場所が好きな猫にとって絶好の隠れ家。気付かずに回してしまうと大きな事故に繋がるため、注意が必要です。

2.キッチン

キッチンに座る猫
  • 調理中にキッチンに飛び乗ってしまう
  • キッチン周りにある輪ゴムやビニール袋を遊び道具にしてしまう
  • 猫が中毒を起こす食材を食べてしまう

料理の匂いに誘われて、キッチンに近づく猫も多いでしょう。

しかし、言うまでもなく火を使うキッチンでは、最大限の注意をはらう必要があります。

ガスコンロの火で火傷をしてしまったり、中毒性のある食材を口にしてしまうケースもあります。

また、キッチンにある小物類は、猫が遊び感覚で噛んでいるうちに飲み込んでしまう恐れがあります。排泄されずに胃や腸に残ると、嘔吐や腸閉塞の原因になります。

猫が誤飲しやすい物は片づける、調理中はキッチンに入れないようにするのが良いでしょう。

3.窓際

網戸を登る猫
  • 網戸を開けて外に飛び出してしまう
  • カーテンに爪を引っかけ、爪が折れてしまう

外の景色を眺められる窓際は、猫のお気に入りスポットの1つですよね。

しかし、窓際にも怪我や事故に繋がる原因が潜んでいます。

鳥や虫の声に誘われて、外に出たがる猫も多いでしょう。

網戸を開けたり、壊してしまい、飛び出してしまうと落下事故に繋がる可能性もあります。簡単に開けられないよう、ロックをつけるなど工夫しましょう。ステンレス素材で丈夫な網もありますので、相談してみるのもよいでしょう。

また、猫の爪が引っかかりにくい素材のカーテンを選ぶと良いでしょう。

4.リビング

コードを噛む猫
  • ストーブで火傷をしてしまう
  • 電気コードを噛んでしまう
  • 糸くずやビニール紐を噛んでしまう

猫と飼い主さんが過ごすことが多いリビング。

快適な空間であっても、油断すると猫にとっては危険ゾーンになることがあります。

ストーブの周りには柵やカバーをつけ、猫の体に直接当たらないようにしましょう。

電気コードは、噛んでしまうと感電してしまうこともあります。使わないコードは片づける、コードにカバーをつけるなど工夫が必要です。

まとめ

包帯を巻かれる猫

いかがでしたか?

安全と思える室内で、意外にも猫の怪我や事故は起きています。

猫を危険から守れるのは飼い主さんだけです。

猫が口に入れてしまう物がないか、怪我を引き起こす危険な物が置いてないかをチェックしましょう。

猫も飼い主さんも安心して暮らせるよう、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク