猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由

猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由

窓から外を眺めていた猫が突然に「ケケケ」「カカカ」と鳴く姿!初めて見るとびっくりしてしまいますよね?驚かなくても大丈夫です、実は猫らしい仕草の一つなのです。それでは面白い鳴き声を出す猫の気持ちを考えてみましょう。

916view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

「ケケケ」「カカカ」と鳴く?!

窓から鳴いている猫

「ケケケ」「カカカ」という特徴的な鳴き声は「クラッキング」と言われており、イエネコにしか見られない鳴き方と言われています。

クラッキングは体調が悪くて声を出しているのではありませんから、驚かないでくださいね。

マタタビに反応しない、抱っこされるのが好きなど、それぞれ猫にも個性があるように、クラッキングをしない猫ももちろんいます。

特に、外での暮らしを知っている猫たちはクラッキングをあまりしないと言われています。

1.見つけたけど捕まえられない!

窓から眺める猫

窓ガラスから動いている物を見つけると猫は興味津々です。ベランダや電線を魅力的に動く鳥たちは、猫にとって大変に興味深い対象になるのです。

クラッキングは、手を伸ばせば届きそうな距離にいる獲物を捕まえられなくて残念な気持ちの時に出てしまうのかもしれません。

一方で、クラッキングをすると存在が見つかり狩りができなくなってしまうので外で暮らしている猫ではクラッキングをしないと言われています。

2.何だろう?

興味津々で見つめる猫

猫にとって安全なのか危険なのか分からない物が家の中にある時に「かカカ」「ケケケ」と鳴きます。

安全を確かめながら、警戒して相手を探っていきます。慎重かつ大胆に「ケケケ」「カカカ」と呼びかけたりすることもあります。

この声を発する事で、一緒に暮らす飼い主さんへ「何か危険があるよ」と知らせていると言われることもあります。

3.遊びたい!

遊んでいる猫

一緒に暮らしている飼い主さんに対して、遊びたい気持ちが強い時にもクラッキングをすると言われています。

じゃらし系のおもちゃを追いかけることに集中していると「カカカ」「ケケケ」と小さく聞こえる事があります。

まとめ

クラッキング中の猫

猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由についてお伝えいたしました。

猫とヒトがともに生活をしだしてからの歴史は大変に長く、その中で野生での生活からヒトとの生活への歩み寄りによりクラッキングは生まれたのかもしれません。

スポンサーリンク