猫と社会の架け橋になる!猫に関わる『お仕事』2選

猫と社会の架け橋になる!猫に関わる『お仕事』2選

「猫に関わる仕事がしたいけど、具体的にどのような仕事があるのか分からない!」今回はそんな猫好きを仕事に生かしたい方のために、猫に関わる仕事をご紹介いたします。

486view

猫と関われるお仕事

じゃれる猫

「獣医師や動物看護師はハードルが高すぎて難しいけれど、猫と関わる仕事がしたい!」

今回はそんな猫好きさんのために、猫と触れ合える仕事を2つご紹介いたします。

具体的な内容や必要な資格、採用のためのアピールポイントなどを詳しく解説いたします。

1.猫カフェのスタッフ

猫たち

猫カフェスタッフの魅力は、たくさんの猫と関われることです。働きながら猫に癒されるイメージが強い仕事ですが、実際はどうなのでしょうか?

資格

従業員として働く分には、特に資格がなくても大丈夫です。また、猫と暮らした経験やお世話経験も必須条件ではありません。(優遇される場所もあります)

大切なのは「排泄物の処理」が苦にならずにできることです。

猫のふん尿は、強烈な臭いが特徴です。さらに毛玉を吐いてしまうことがあるので、吐物の処理も求められます。

求められるスキル・採用のコツ

カフェ店員

猫カフェスタッフに求められるのは「コミュニケーションスキル」です。

カフェである以上は接客業が中心になるため、お客様への丁寧な対応やスタッフ間のチームワークが重要になります。

猫初心者でも接客業の経歴があると有利です。そして、協調性や気配りができることをアピールすることもポイントになります。もちろん「猫への愛」も大切なポイントです。

仕事内容

猫のご飯タイム

メインは接客です。料理やスイーツを出すお店では、ホールスタッフや厨房などの部門に別れることがあります。

そして、お客様が安心して食事を楽しめるように衛生面でも気を配ります。(邪魔してしまう猫の気を逸らすなど)

猫に関わる部分では、食事のお世話や掃除がメインです。

雇用形態と給料・求人の探し方

雇用形態のほとんどが、アルバイトやパートです。平均時給は800円〜1,000になります。

猫カフェは求人募集が少なく、求人サイトには出ていないことが多いようです。気になるお店のHPをチェックすると良いでしょう。

2.ペットシッター

くつろぐ猫

ペットシッターも、猫カフェとは違う形で様々な猫と関われる仕事です。具体的な内容をご紹介いたします。

資格

ペットシッター及びキャットシッターは、資格がなくても働くことができます。とはいえ、ある程度の知識は必要です。

通信教育メインで知識を身につけられる資格を挙げてみます。

  • キャットケアスペシャリスト
  • 猫健康管理士
  • ペットシッター(実務講習ありの場合も)

求められるスキル・採用のコツ

眠る猫

ペットシッターは留守を預かる仕事です。

「信用」に関わるため、飼い主さんとの信頼関係が重要になります。よって、ここでもコミュニケーションスキルが求められます。

また、動物にも個性があります。特に猫は警戒心が強いので、根気強く対応できる忍耐力が求められます。さらに学ぶ姿勢も大切です。

ペットシッターは猫以外の動物とも関わる仕事なので、動物全般に好きであることはアピールポイントになります。ペットショップでの実務経験や、動物関連の資格があると有利です。

仕事内容

猫と掃除

主な仕事内容は、食事のお世話・ケージの清掃・飲み水の交換・遊び(犬の場合は散歩)などです。会社によっては郵便物のチェックを行う場合もあります。

また、お世話した内容を記録して報告します。飼い主さんの要望によっては、リアルタイムで様子をお知らせすることもあります。

ペットシッターは医療行為はできません。

雇用形態と給料・求人の探し方

雇用形態は正社員、アルバイト共にあります。収入は、正社員の場合は月給15万円〜25万円が平均です。アルバイトの平均時給は900円から1,500円程度です。

求人はペットシッターの派遣会社・ペットショップ・動物病院が主な窓口になります。動物関連の実務経験があると就職先が見つかりやすくなります。

まとめ

猫カフェの猫たち

猫と関わる仕事の中から、今回は猫カフェスタッフとペットシッターについて紹介しました。どちらも必須資格はないですが、責任感が重要になる仕事です。

猫カフェでは接客スキル、ペットシッターでは動物と関わった実務経験が採用において有利になるポイントでした。

猫が好き、動物が好きというのは大前提ですが、それと同じくらい「人と関わることが好き」という方に向いているお仕事です。

どちらも採用枠が少ないですが、興味のある方は積極的に面接を受けてみてください。あなたのやる気や行動力が、猫と社会の架け橋になるかもしれません。

スポンサーリンク