猫からの愛情を失ってしまう飼い主の最低行為4つ

猫からの愛情を失ってしまう飼い主の最低行為4つ

大切な猫と心が通じ合っていると感じるのは嬉しいものです。でも、飼い主の行為次第では、猫からの愛情を失ってしまうことも?!どんなことをしたら、飼い主は猫の愛情を受けられなくなってしまうのでしょうか?

3307view

1.無理に構い過ぎる

猫を撫でようとする人の手

大好きな飼い主に撫でられて幸せそうに目を閉じる猫。猫は撫でられるのが好きですよね。甘えん坊の子は、飼い主の膝に乗ったり、抱っこをせがむなんてことも。でも、これは猫がそうして欲しいときだけ。猫は、甘えたいときは自分から寄ってきますが、放っておいて欲しいときは飼い主から離れたところで、ひとりで過ごしています。

そうとは知らずに、猫を撫でたり膝に乗せたり、抱っこをしたり…そんなことを繰り返していると、猫からの愛情を失ってしまいます。猫とのスキンシップは大切ですが、猫の気持ちを考えて猫のペースに合わせてあげて下さいね。

2.触られたくないところを触る

寝転んで後ろ足の肉球が見えている子猫

猫の肉球やお腹が好きという猫好きは多いことでしょう。つい、触りたくなる場所です。でも、それは猫にとっては迷惑なことも。肉球やお腹は猫にとっては触られたくない場所なのです。

また、猫が寝ているときは触りやすいチャンスですが、猫だって気持ち良く眠っているところを起こされるのは嫌なもの。寝顔がかわいくてますます触りたくなっちゃいますが、見るだけで我慢した方が良さそうですね。

3.じっと見つめる

カーペットの上に座って見上げる猫

大好きな猫はずーっと見ていたい。だからといって、目が合ってもじっと見つめるのはやめましょう。人間からしてみたら熱い視線を送っているだけでも、猫の世界では違うんです。猫にとっては、じっと見つめるのは敵意があるから。

ただし、ゆっくりと瞬きをするのは愛情表現なので、猫と目が合ったらゆっくり瞬きしてみて下さいね。猫も瞬きを返してくれるかも知れません。

4.大きな声で叱る

割れた花瓶の前でこちらを見上げる猫

猫がイタズラをしたときに、思わず怒鳴ってしまったということはありませんか。猫は、飼い主が言っている言葉は理解せずに、その声に驚いてしまいます。聴覚に優れている猫は、もともと大きな音や声が苦手なのです。名前を呼ぶときも大声を出さないようにしましょう。あまり大きな声ばかり聞かせていると、猫からの愛情を失ってしまいます。

それから、イタズラをしたからと叩くのは絶対にやめて下さいね。叩かれると、猫は恐怖心を覚えてしまいます。愛情を失うどころか、避けられてしまうかも知れません。

まとめ 

ソファに座ってこちらを見る猫

猫からの愛情を失わないためには、猫の嫌がることをしないことが大切です。ポイントは、猫のペースに合わせてあげること。人間が良かれと思ったことでも、猫にとっては嫌なこともあるんです。猫の習性をよく理解してあげることが大切ですね。

スポンサーリンク