猫が『急に暴れ出した』ときの原因4つと対処法

猫が『急に暴れ出した』ときの原因4つと対処法

猫が何か行動を起こす時には理由があります。勿論のこと、突然暴れる時も何か人間がわかっていない理由があります。暴れた猫を見てびっくりしてしまう前に、暴れてしまう可能性を知っておきましょう。

1332view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.早朝や夕方は本能的な行動

ネズミを追いかける猫

野生的な本能から、猫が暴れだすことはよくあります。

猫の狩りは、獲物であるネズミなどの小動物や昆虫が動き始める時間に行います。外敵から狙われにくい太陽が昇り始める時間や日没は、多くの生き物が活動をしています。遺伝子にその時のイメージが残っているために猫たちは暴れだすようです。

こういった時間帯に一時的に暴れても、優しく見守ってあげましょう。避妊や去勢手術をしていない猫は手術をすると暴れる回数が少なくなるかもしれません。

2.猫からのお誘い!?運動不足かも?

走る猫

人を見た途端に、猫が突然に目の前から走り去るのは猫からの遊びへのお誘いです。

時間帯に関係なく、遊びたい時に猫が仕掛けてきます。忙しくて猫と一緒に遊ぶ時間がとれない時によく見られます。要は猫のエネルギーが有り余っている状態でしょう。毎日数分ずつでも構いませんから、たっぷりとおもちゃでじゃらしたり追いかけっこをしたりする時間を確保しましょう。

3.人間の心を読んでいる

手に爪をかけ噛みつく猫

不穏な空気を猫は第六感で敏感に察知してしまいます。

久しぶりにワクチン接種で通院があり、人がソワソワしていると猫にも伝わって突然に暴れだすことがあります。普段とは違う行動を人間がすると怪しみますので、極力平常心で猫と接しましょう。

一緒に暮らす人間の体調が悪い時も、猫は暴れることがあります。猫は大変に敏感なセンサーを持っているのです。

4.病気の危険性

獣医師に抱かれて暴れる猫

急に攻撃的になる場合は体調の悪さや病気が原因かもしれません。

外敵に襲われる危険があるために、猫は体調の悪さを周囲に隠します。暴れるだけではなく、逆にじっとして動かない、食欲がなくなる、下痢をしている、吐き気があるなど明らかに体調が悪いと感じられるならば病院を受診しましょう。

まとめ

二匹で遊ぶ猫

猫が急に暴れ出したときの原因4つと対処法についてお伝えいたしました。

猫は大変に可愛いですが、本来は完全肉食動物であり捕食動物です。猫の生きていく上での賢さなのでしょう。爪や牙などの武器を、優しげな雰囲気の下に隠しています。

人間は猫本来の姿を見るとびっくりしてしまいますが、猫と人間では生きる目的も生き方も異なります。常に違う動物種と暮らしていると自覚をしながら猫と接すると良いのかもしれません。

スポンサーリンク