猫が飼い主の『股の間』で寝たがる3つの理由

猫が飼い主の『股の間』で寝たがる3つの理由

快適な場所を求めて寝る猫が、なぜか飼い主の股の間で寝ることはありませんか。そんな猫の生態について調べてみました。不思議に思っていた方はぜひチェックしましょう。

2882view

股の間で寝る猫

股の間で寝る猫

飼い主の股の間で寝ることが好きな猫もいると思います。安心して気持ち良さそうにしている光景は、見ている方も癒されます。

しかしなぜ、よりによって股の間を選んで寝るのか、不思議に思ったりしていませんでしょうか。

今回は猫が股の間を狙って寝る理由について調べてみました。今まで不思議に思っていた飼い主はぜひチェックしてみて下さい。愛猫の気持ちがより理解できるきっかけになるかもしれません。

1.適度な狭さ

股の間で寝る猫

飼い主の股の間は猫にとて適度な狭さだからと言う理由がまず上げられます。野生に暮らしている猫は、自分の身を自分で守らなければいけない環境です。

その知恵として、休憩している時に敵から狙われる事を避けるためにも、なるべく見つかりにくい場所に隠れるという本能があります。

この習性は家で飼われている猫にも受け継がれており、自然と身を隠せる適度な狭さの場所を探して好んで居ることが多いのです。

体がすっぽりをハマるような狭さが猫にとって安心できる場所となるのです。股の間だけでなくよく段ボール箱にもすっぽりと入っている猫もよく見かけると思われます。

愛猫にとって、飼い主の股の間が安心できる場所として信用されていることにもつながりますので、嬉しい事と思えるのではないでしょうか。

2.暖かいから

ベッドの上で足に挟まれる猫

猫は自身で体温調節ができない生き物です。人間のように暑い時に汗をかいて冷ましたり、寒い時に着込む事で体温を保持することができないのです。

そのため猫は家の中の暖かい場所を探して、移動することによって自分の適度な体温を保持しようとします。家の中でも涼しい場所と暖かい場所を知っているのです。

その中でも飼い主の股の間は体温で暖かく、自身にとって心地よい場所として認識している可能性があります。

肌寒い時には特に頼りにされるかもしれません。

3.飼い主の匂いがあるから

リラックスしてる猫

猫は飼い主の匂いが大好きです。今までの絆から安心できる匂いとして認識していますので、なるべくその匂いに包まれていたいという習性があります。

人間の特有の匂い、いわゆるフェロモンは「アポクリン汗腺」と言うものから発生します。

人間はそのアポクリン汗腺が多い場所は耳の後ろや、脇、胸、股の間となりますので大好きな飼い主の匂いを感じていたいがためにその場所を選んで居るのかもしれません。

まとめ

股の間で寝る猫

猫にとっても股の間は色々な意味で都合の良い場所であることが考えられます。

飼い主にとっては嬉しい理由かもしれませんが、猫なりに考えがあっての場所選びですので、出来るだけ股の間で寝るときは邪魔しないようにしてあげましょう。

スポンサーリンク