猫の短命に繋がる『ご飯の与え方』4つ!正しい与え方や食べ過ぎる猫への対策とは?

猫の短命に繋がる『ご飯の与え方』4つ!正しい与え方や食べ過ぎる猫への対策とは?

生き物にとって食べて排泄を規則的にバランスよく行うのは、健康のバロメーターです。本記事では、食べる部分に焦点を絞り、猫の健康増進について考えてみました。

4244view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.ライフステージに合っていない

親子猫

成長段階により猫の身体が要求する栄養成分が変化してきますので、違うライフステージの食事を与えるのはNGです。

例えば、身体を作る段階の子猫や妊娠中の母猫は栄養価もカロリーも高いご飯が必要です。そして成長がおさまった成猫に子猫用の食事を与えると肥満や体調不良を招きます。

運動量が少なくなったり消化器系の働きが落ちてくる年齢を重ねた猫には、成猫時の食事では負担になります。

2.体調を悪化させるようなご飯の選択

ご飯を持ってくる人

猫もそれぞれ体調が違うので、その子に合っていない食事は体調不良を招きます。

吐きやすい、下痢が多い場合は消化吸収が良いものを、肥満気味の時は低カロリーの食事、腎臓系では療法食など選択した方が良いかもしれません。

現在の体調を悪くさせるような食事はご法度ですから、日頃から猫の様子を見て獣医師に相談をしましょう。

療法食を選択するには必ず獣医師の処方が必要ですから自己判断で取り入れないようにしてください。健康な猫に総合栄養食ではなく療法食をあげてしまうと、逆に短命につながります。

3.適正量を守らない

たっぷりのご飯を食べる二匹の猫

ご飯は多すぎても少なすぎてもダメです。

猫の適正なご飯の量は、運動量や年齢、触れた感じと見た目の身体つき、そして現在の体重から判断し算出できます。

猫は顔が小さいので太ってもわからないことがよくあります。普段からのスキンシップで確認することも必要です。

4.不衛生な状態

ご飯を食べる猫と継ぎ足す人

洗っていないお皿で継ぎ足しをしながらご飯をあげるのは「最悪」と言って良いでしょう。

人間は毎日洗っていないお茶碗でご飯を食べられませんよね?

ドライフードだから大丈夫、と毎日洗わない食器を使うと雑菌が繁殖します。そしてドライフードは空気に触れると酸化してしまい、質が落ちてしまいます。

現在の体調を知る

体重計に乗る猫

猫の年齢と運動量から平均的な摂取カロリーを調べます。そして体型や体重、猫の食べ方から必要な適正量を知りましょう。

体重が減ってくる場合はカロリーが足りず、体重が増える時はカロリーが多すぎますので増減がほぼ無い状態にできるようにしましょう。

保護された猫で年齢がはっきりしない場合は、歯の状態でおおよその年月が分かりますので病院で調べてもらいましょう。

猫の様子がおかしいと感じられるなら病院を受診し、必要なら投薬や療法食などで改善をしていきます。

食べ過ぎないように行う対策

机の上のご飯を食べようとする猫

ご飯にばかり気持ちが向くと太りやすくなります。メリハリのある生活を送れるように人間が遊びや楽しみを提供しましょう。

食べる前におもちゃで走らせる、外の見えるキャットウォークを作る、探さないと食べられない場所におやつを入れて狩り気分を味わってもらうと良いでしょう。

まとめ

ご飯争奪戦をしている猫3匹

猫の短命に繋がる『ご飯の与え方』4つ!正しい与え方や食べ過ぎる猫への対策とは?についてお伝えいたしました。

まだ猫のご飯が多く販売されていない時はドッグフードを猫に食べさせていることもあったようです。

もちろん、肉食である猫と雑食である犬では必要な栄養が違いますので大きな問題が起きました。しっかりと愛猫に合うご飯を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク