猫に『絶対食べさせちゃダメなもの』ランキングワースト5

猫に『絶対食べさせちゃダメなもの』ランキングワースト5

猫が飼い主さんの食べ物に興味を持つのは普通のことです。美味しそうなニオイにつられ、食卓を鋭い目で狙っているときがあります。万が一、猫が盗み食いをしてしまったら…?たいへんな事態になるかもしれません!

1401view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.ネギ類

長ネギ

ネギ類は猫には食べさせてはいけないものです。玉ねぎ、長ネギ、ニンニク、エシャロットなどがあげられます。これらを食べさせると赤血球にダメージを与えてしまうため、貧血になる中毒症状を起こしてしまうのです。

ネギ類だけを猫が好んで食べることは少ないと思います。ただ飼い主さんの料理に混ざっていて、それを猫がつまみ食いしてしまうケースが考えられますので、十分な注意が必要です。

ネギ類の中毒になると血尿やふらつき、食欲不振などが見られます。もし該当する場合は即座に動物病院へ連れていきましょう。

2.アボカド

アボカド

毒性がありそうには見えないアボカドですが、実は猫には有害な食べ物です。アボカドの持つ「ペルシン」という成分が、猫の中毒症状を引き起こす場合があります。人間には無害なのですが…。

実はそんなアボカドを使ったキャットフードが存在します。有害性がありそうなのに、なぜか猫に食べさせても大丈夫なのです。なぜならアボカドには数千を超える種類があり、ペルシンの含有量が少ない種類を使用しているから。

日本に流通しているアボカドはペルシンが多く含まれている場合が多く、愛猫には食べさせない方が無難です。どの種類のアボカドが安全なのかは知識が必要ですし、判断が難しいため「食べさせない」という決断が重要になってきます。観葉植物用のアボカドにも注意しましょう。

3.チョコレート

チョコレート

猫に絶対食べさせてはいけないものに「チョコレート」があります。チョコレートに含まれるカフェインなどの成分を分解できず、心臓や中枢神経に作用するからです。猫にとっては死に至る可能性があるほど危険な食べ物なのです。

もし食べてしまうと嘔吐や下痢、興奮状態などになります。重症になるとけいれんを起こしたり、不整脈になったりするのです。大量に食べた場合は突然死亡してしまうことも考えられます。

それほど猫が好んで食べる食べ物ではないかもしれませんが、遊んでいるうちに口に入ってしまう可能性があります。猫の手が届く場所に、チョコレートは置かないように注意しましょう。

4.アルコール

ビール

猫は人のようにアルコールを分解できません。そのため、ごく少量でも酔っ払ってしまいます。中枢神経に影響を及ぼしアルコール中毒にもなりやすいです。

絶対に飲ませないでください。酔っ払う姿が見たくて飲ませたくなるかもしれませんが、猫の命を奪う行為になりかねません。もし飲んでしまったらすぐ動物病院へ連れていきましょう。

なお、消毒用のアルコールは揮発してしまえば大丈夫です。ただ猫の体に直接ふりかけるのは避けてください。体についたアルコールを猫が舐めてしまうと危険です。

5.ドッグフード

ドッグフード

猫と犬を一緒に飼っていると、猫にもドッグフードを与えればよいか、と思ってしまうかもしれません。ですがそれはNGです。ドッグフードには猫に必要なタウリンやビタミンAが十分に含まれていません。

そのため、日常的に猫がドッグフードを食べていると栄養不足となり、失明や心筋症、発育不全になることがあります。猫にはキャットフードを食べさせてあげましょう。

まとめ

バツ

猫に食べさせてはいけないものを把握して、安全で健康的な生活を送らせてあげてください。

スポンサーリンク