猫が『しつこいニャ!』と感じたときにする仕草4つ

猫が『しつこいニャ!』と感じたときにする仕草4つ

猫は「構ってほしい」と思う時もあれば「今はそっとしておいてほしい」と思う時もあります。構ってほしくない時にしつこく接してしまうと、猫は”様々な仕草”を通して「しつこいニャ!」と訴えてくることがあるのです。具体的にどのような仕草をとるのか、本記事で詳しく解説をしていきます。

994view

「しつこい」と感じた時、猫はどんな仕草をする?

戸棚の上からこちらを見る猫

猫に構ってあげていたらいきなり攻撃的になったり、クールな対応をされた…といった経験がある飼い主さんは多いと思います。

このような反応をされた場合、もしかしたら猫は「しつこい」「もうやめて」と思っているのかもしれません。

そこで今回は、猫が「しつこい」と感じたときに見せがちな仕草について紹介をしてまいります。

1.逃げようとする

逃げる猫

スキンシップをとろうとする飼い主さんから距離をとろうとしたり、逃げる場合は「しつこい」と猫から思われている可能性が高いです。

逃げようとする猫をしつこく追いかけたり、無理に触ろうとすると、猫から思いっきり嫌われてしまうかもしれないので、距離をとられた時はそっとしておくのが懸命でしょう。

2.しっぽを大きくブンブンと振る

しっぽを振る猫

猫がしっぽを大きくブンブンと振っている時は、不機嫌なことを表しています。

「犬みたいにしっぽを振っているから喜んでいるのかな?」と思い込んで、スキンシップをし続けてしまうと、猫パンチが飛んできたり、逃げられてしまう可能性もあるので、しっぽをブンブンと振りはじめた段階で触らないようにするのがおすすめです。

3.威嚇の鳴き声を出したり、攻撃をしてくる

威嚇する猫

「シャー!」「ウゥ~!」といった威嚇の鳴き声を出したり、本気の猫パンチや嚙みつく等の攻撃をしてきた時は、しつこくされた事に対して強く嫌がっている可能性が高いです。

このような時は怒りのボルテージがかなりあがっていると思われるので、早急にスキンシップをやめて一旦猫から距離を置きましょう。

猫の気持ちがおさまるまで、しばらくひとりにさせてあげるのもおすすめです。

4.イカ耳になる

イカ耳の猫

イカ耳とは、耳を寝かせたような状態のことを指します。猫は機嫌が悪いときに耳を寝かせて「これ以上しつこくしないで」「そっとしておいて」とアピールすることがあるのです。

猫とスキンシップをとる時は、イカ耳になっていないかチェックをしながらコミュニケーションをとるとよいでしょう。

まとめ

不機嫌な猫

人間にも「しつこくしないでほしい!」と思う時があるように、猫もしつこくされたくない瞬間があります。

猫の仕草をよくよく観察して「機嫌が悪くなったらすぐにスキンシップをやめる、一旦距離をおく」を徹底すれば、きっと猫との関係も上手に構築することができるでしょう。

スポンサーリンク