猫が『信頼できる』と認めている人だけ見せるサイン4つ

猫が『信頼できる』と認めている人だけ見せるサイン4つ

猫は日頃から飼い主さんの行動をしっかりと観察しており「この人は信頼できる!」と思った場合”特別なサイン”を見せることがあります。一体どのようなサインで信頼している様子を伝えているのか、よくある行動を例に挙げながらに本記事で紹介をしてまいります。

36484view

猫が信頼している人に見せてくれるサインとは?

膝の上でくつろぐ猫

今回は猫が信頼している人だけに見せてくれるサインについて紹介をしていきます。

「愛猫に信頼されているのかイマイチ分からない」「これって猫からの信頼のサイン?」と思っている方の参考になれば幸いです。

ということで、さっそく「猫が信頼している人だけに見せるサイン」を見ていきましょう!

1.近くに寄ってきたり、乗っかってくる

猫は警戒している相手と距離をとる傾向にあります。なので、猫のほうから積極的に近寄ってきたり、膝の上などに乗っかる場合はかなり信頼されている証といえるでしょう。

またスリスリとからだを擦りつけてきたり、近寄ってきてペロペロと舐めるといった行動も、猫からかなり信頼されている可能性が高いです。

ただし、飼い主さんがおやつやごはんを持っている時に食べ物目当てで猫が近づいてきて、目的の食べ物をもらった瞬間とっさに逃げる…といったような場合は、信頼はあまりしていないけど食べ物が欲しいから近づいた可能性が高いといえるでしょう。

2.お腹や背中を見せることが多い

お腹を見せる猫

猫にとってお腹や背中は弱点ともいえます。なので、警戒している場合は睡眠中であってもお腹を見せないようにしたり、相手に背中を見せない体勢をとりがちです。

つまり、仰向けになってお腹を見せたり、背中を向けてくる場合は「弱点を見せても平気=信頼している」といえるでしょう。

3.ゴロゴロと喉を鳴らす

猫は甘えたい時や機嫌が良い時などに、ゴロゴロと喉を鳴らす習性があります。近くにいる飼い主さんに甘えたくなったり、嬉しくなったりした時に喉を鳴らすことも多いのです。

ゴロゴロを鳴らしながら猫が近づいてきた時は、高確率で信頼されていると考えてよいでしょう。

4.わざと飼い主さんの邪魔をする

PCで邪魔する猫

家事や作業に熱中している時に、わざと猫が乱入して手を止めようとしてくる場合、「大好きだからわざと邪魔している可能性」が考えられます。

大好きな人に構ってもらいたいのに他のことに熱中しているので、アテンションを向けさせるためにわざと邪魔をしてくるのです。

「好きな子の気をひきたくて、わざとちょっかいを出してくる人の心理」と似ているといえるでしょう。

まとめ

お腹を見せてくつろぐ猫

猫は信頼している人に対して、様々な行動を通して好意を伝えてくる傾向にあります。

猫を飼っていたり、猫と接することが多い人は、今回紹介したような行動をとってもらえるように信頼関係を築いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク