猫に『与えてもいい飲み物』と『ダメな飲み物』5選!牛乳やお茶は飲んでもOK?

猫に『与えてもいい飲み物』と『ダメな飲み物』5選!牛乳やお茶は飲んでもOK?

猫はミルク好きの印象が強いですが、飲ませても大丈夫なのでしょうか?お茶は全体的にNG!?等々、猫に「OKな飲み物」と「NGな飲み物」をご紹介いたします。

987view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫にOKな飲み物とNGな飲み物

水を飲む猫

猫の飲み物といえば、水道水が標準でしょう。他にも飲めるものはあるのでしょうか?

今回は、水道水以外で飲んでも大丈夫な飲み物と、控えたい飲み物についてご紹介いたします。

1.湯冷まし:OK

ケトル

沸騰したお湯を冷ますことで、より衛生的で臭みのない水になります。だから、猫にも安心して飲ませることができます。

少し手間はかかりますが、においや口当たりにこだわりのある猫にはおすすめです。

2.麦茶:OK

麦茶

お茶で最も気になる成分は「カフェイン」でしょう。猫にはNGな成分です。

麦茶はカフェインを含まず、マグネシウムの含有量も少ないため、猫でも比較的安全に飲むことができます。

特に積極的に与えたいものではありませんが、少し口にする程度であれば問題ありません。

3.ささみのゆで汁:OK

ささみ

ささみは猫でも食べられる食材として有名ですが、ゆで汁も冷ませば飲むことができます。

水をあまり飲まなくなってしまう冬場は、普段のお水にゆで汁を混ぜると飲んでくれる子もいます。

さらに、ドライフードに混ぜることも有効です。風味が引き立つことで、より美味しく食べることができます。

ただし食事療法を受けている場合は、必ず獣医さんに相談してから与えましょう。

4.牛乳:NG

牛乳

猫に通常の牛乳は飲ませないでください。牛乳に含まれる「乳糖」という成分を分解できずにお腹を壊してしまいます。人でも牛乳がお腹に合わないと下痢になってしまいう「乳糖不耐性」の人がいますが、猫でも同じです。

保護した子猫に早急にミルクを与えなければならない場合は、乳糖を含まない牛乳を与えましょう。できる限り猫専用のミルクを与えましょう。体質に合わなかった場合は下痢を起こし体調不良の原因になります。

成猫にどうしても牛乳を飲ませたいのであれば、猫専用の牛乳を飲ませましょう。

5.ジュース(清涼飲料水):NG

ジュース

お子様のいるご家庭では、ジュースが食卓に並ぶ機会が多いでしょう。果物の中には、猫にとって有害なものがあります。ジュースを飲んでしまわないように注意しましょう。

スポーツドリンクも同様に、人間用のものは猫に飲ませないでください。熱中症などで脱水が酷い場合は、猫用のスポーツドリンクを飲ませましょう。

アルコールは危険!!誤飲に注意しよう

ビール

お祝い事に欠かせない飲み物がアルコールです。故意に猫に飲ませることはないかもしれませんが、誤って舐めてしまうリスクは否めません。

猫にアルコールは絶対にNGです。猫の肝臓はアルコールを分解することができません。たとえ少量でも、全身にアルコールが回り、死に至る可能性があります。

飲酒を楽しんでいる最中は、猫が口にしないように細心の注意を払いましょう。

まとめ

蛇口の水を飲む猫

猫といえばミルクのイメージがありますが、通常の牛乳は体質に合わないようですね。好んで欲しがるようであれば、必ず猫用を用意してあげましょう。

反対に、お茶はNGなイメージが強いですが、カフェインを含まない麦茶は例外です。少し飲む程度であれば問題ありません。

猫は、人間が飲んでいるものに興味を持つことがあります。特にアルコールには気をつけましょう。

スポンサーリンク