猫が飼い主を『大好き』と感じる瞬間4つ

猫が飼い主を『大好き』と感じる瞬間4つ

猫を飼っている多くの人は、きっと「愛猫から”大好き”と思われたい!」と考えていることでしょう。飼い主さんがどのような行動をとった時、猫は「大好き」と感じてくれるのか、具体例を挙げながら紹介をしていきます。

2617view

猫はどんな時に飼い主さんのことを「大好き」と感じる?

猫を抱っこする女性

猫から「大好き」と思われたり、猫のほうから感謝をされるのは、飼い主さんにとって最大の幸せといっても過言ではないでしょう。

猫はどのような時に、飼い主さんに対して「大好き」と感じるのか、さっそくケース別に紹介をしていきましょう!

1.ごはんやおやつをもらった時

やはり食べ物の誘惑に弱い猫は数多くいます。大好物のごはんやおやつをもらって、飼い主さんへの信頼や好感度が増すケースは非常に多いのです。

毎日しっかりとごはんやおやつを与えて、愛猫と上手にコミュニケーションをとれば、猫から「大好き」と思ってもらえる頻度もきっと高くなるでしょう。

2.甘えたい時に構ってくれた時

猫を甘やかす

猫はとてもマイペースな生き物です。なので甘えたい時もあれば、そっとしておいてほしい時もあります。

猫が「甘えたい」と思ったタイミングを見計らって、構ってあげるようにすれば、猫からの好感度も上がり「大好き」と思ってもらえる確率も高くなるはず!

猫のほうから甘えてきたタイミングで撫でてあげたり、大好物のおもちゃで遊んであげることを意識してみるのがおすすめです。

3.猫の気持ちを察した行動をとってくれた時

猫は案外しっかりと人間のことを観察しています。

猫がドアの前で待っている時にドアを開けてあげたり、窓の外を見たがっていそうな時にカーテンを開けてあげたり…といった”飼い主さんの気の利いた行動”を見て、好感度が上がる猫も多いようです。

人間同士でも「相手の気持ちを察して行動ができる気の利いた人」というのは、好かれる傾向にありますよね。それと同じで、猫も「気持ちを察してくれる人」に対しては好感を抱きやすいのです。

4.毎日一緒に過ごしていくうちに自然と大好きになることも!

猫と子供

お迎えした時から大事にお世話をしてあげて、毎日やるべきこと(ごはんやトイレの世話など)をしっかりと責任を持ってこなしていくうちに、飼い主さんの愛情が自然と猫にも伝わって、いつの間にか「大好き」になっているケースも多いといえるでしょう。

人間の言葉は分からなかったとしても、飼い主さんの思いはきっと行動を通して猫に伝わっていきます。

飼い主さんが愛猫のことを「大好き」と思いながら接していけば、時間はかかるかもしれませんが、そのうち猫のほうからも「大好き」と思ってもらえるはずです!

まとめ

笑う猫

猫のほうから「大好き」と思ってもらうためには、やはり日頃の積み重ねが大事といえるでしょう。

愛猫の気持ちをしっかりと汲み取ってあげ、適切な行動をとっていけば、きっとそのうち猫からの愛情を感じられる日も来ることでしょう。

スポンサーリンク