猫が『ハイタッチ』するときの気持ち4つ

猫が『ハイタッチ』するときの気持ち4つ

愛猫がハイタッチをしてくれたら、お互いに気持がわかりあえているようでうれしいですよね。状況にもよりますが、実際猫はどんな気持ちでハイタッチをしているのでしょうか?4つご紹介します。

847view

1.コミュニケーション

顔をなでられる猫

ハイタッチをして飼い主さんが喜んでくれた、楽しいと思ったなどの経験から、飼い主さんとの遊びのひとつとして思っているのかもしれません。

また、ハイタッチをすると、ごはんやおやつがもらえることを知っていて、ハイタッチをするとうれしいことがあると理解している猫もいます。

ただ、ハイタッチを完璧にできる猫もいれば、日によって片手や両手だったり、ハイタッチをしなかったりと、気まぐれな猫もいます。

2.遊びたい

振り向く猫

猫同士でも、飼い主さんとでも、遊びたい気持ちを伝えようと前足を伸ばしていることがあります。

猫自身はハイタッチをしているとは思っていないかもしれませんが、一生懸命に前足を伸ばしたり、猫同士で前足を上げてじゃれ合っている様子はとても可愛らしいですよね。

3.気になる

前足を伸ばす猫

飼い主さんの手が気になっているので、前足を伸ばしてハイタッチしているように見えている場合もあります。

飼い主さんが持っている物が気になったり、飼い主さんの手から気になるにおいがしていたりするのかもしれません。

我が家の猫は決まった時間に遊ぶのですが、そのときに手に何か持っているようにしていると、気になって前足を伸ばしてきます。新しいおもちゃがあるのかと期待しているのだと思います。

また、「警戒」という意味で気になっている場合もあります。

猫とのコミュニケーションのためにハイタッチを覚えてもらおうと飼い主さんが手を近づけると、ハイタッチすることがあります。

実際はハイタッチではなく、顔の前に急に手が出てきたことに警戒した「猫パンチ」だったりするんです。

我が家の猫にもハイタッチを覚えてもらおうと挑戦しましたが、手を出すと怒って猫パンチをしてきたり、噛みつこうとしたりしていました。

4.やめて

人の手を猫の前足

ハイタッチに見えて実は「これ以上は、お断り!」という意味の場合もあります。

飼い主さんがいつまでもなでる、ブラッシングが嫌なときなど、前足で飼い主さんの手が近づくのを阻止しているんです。

まとめ

人の手にハイタッチをする猫

猫がハイタッチをするのは、遊びたい気持ちを伝えていたり、飼い主さんとのやり取りを楽しむためだったりします。

「ハイタッチをすると良いことがある」と芸として覚えた猫もいます。また、気になるものを確認しようとするときや、警戒や拒否のときもハイタッチに似た動きをするんです。

愛猫がハイタッチをするときは、どんな理由や気持ちがあるのか観察してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク