猫が飼い主に恩を感じている『3つのこと』

猫が飼い主に恩を感じている『3つのこと』

人間に飼われている猫の中には、飼い主さんに対して恩を感じている子も多いようです。猫に対して真摯に向かい合って適切な対応や行動を積み重ねていけば、猫から感謝のような気持ちや態度を感じられるシーンも増えるかもしれません。どのようなことをしていけば、猫は恩を感じるのか、本記事で紹介してまいります。

5111view

猫はどんなことに恩を感じる?

撫でてもらっている猫

ほとんどの飼い主さんは、猫から信頼されたり、猫に懐かれることに喜びを感じるのではないでしょうか。中には「恩を感じているような行動をとる猫」もいるようです。

そもそも猫はどのようなことに対して恩を感じる傾向にあるのか、よくある例をいくつか挙げながら紹介していきたいと思います。

1.美味しいごはんやおやつをくれる

猫に限ったことではありませんが、やはり「食べ物の誘惑」に弱い子は多いです。

それに、飼い猫であれば、毎日の食事は全て飼い主さんにかかっています。完全室内飼いであれば、野良猫のように自分で食糧を確保することは難しいでしょう。

なので、日頃から美味しいごはんやおやつを用意してもらえることに感謝している猫は、きっとたくさんいるはず。

「最初は全く心を開いてくれなかったけど、毎日ごはんやおやつを与えているうちに、徐々に懐いてきてくれた」というケースも珍しくありません。

2.要求に応えてくれる

「構ってほしい」「ドアを開けて」「ごはんが欲しい」といった要求がある時に、猫の気分や要求に合った行動をとってくれる飼い主さんに対して恩を感じている子は多いと思われます。

猫は「自分ひとりではできないこと」がたくさんあります。それを助けてあげる飼い主さんは、当然猫から好かれやすいです。

ただし、猫に好かれたい一心で必要以上におやつを与えすぎたり、猫にとって危険なものがある部屋や場所に通してしまうのは良くない結果が待っている可能性もあるので、猫の安全や健康を考慮しながら、適切に行動していきましょう。

3.お迎えしてもらったことに恩を感じているかも…!?

そもそも「お迎えしてもらったこと」に対して恩を感じている子もいるかもしれません。

元々は野良猫だったけど保護してもらって幸せな環境に住まわせてもらったり、ペットショップやブリーダーさんから引き取って、愛情をたくさん注いでもらっていることに、感謝している猫もきっといるはずです。

まとめ

飼い主に甘える猫

毎日当たり前のように愛猫にしてあげている事が、実は猫の幸せに繋がっているのかもしれません。

飼い主として最期まで責任をもって猫に接してあげれば、きっと自然と猫からの信頼や猫の幸福度も上がるはずです。

猫から感謝されるような飼い主さんを目指して、愛猫のことを大事にしていきたいものですね。

スポンサーリンク