猫がしつこく『トイレの砂』をかけるときの心理3つ

猫がしつこく『トイレの砂』をかけるときの心理3つ

猫の習性のひとつに「トイレの後に猫砂を排泄物の上にかける」という行為があります。野良猫であっても、飼い猫であっても、この習性が身についている猫は多く、猫ならではの行動といっても良いでしょう。一体なぜ猫は、わざわざ排泄物の上に猫砂をかけるのか、その心理について本記事で紹介してまいります。

1061view

トイレの砂をかけている時、猫はどんな気持ちなの?

猫用トイレから出てくる猫

猫は綺麗好きな生き物ということもあり、猫砂を使って自分の排泄物を綺麗に隠す傾向にあります。

そもそもなぜ猫にこのような習慣が身についているのか、その理由について詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

ということで、猫がトイレの砂を排泄物の上にかける心理について、さっそく紹介していきます!

1.「排泄物のにおいを隠したい」と思っている

猫にとって排泄物は「自分のにおいを強く放っているもの」といえるでしょう。

排泄物をそのまま放置していると、近くに猫がいるのを天敵に知らせてしまうことにもなるため、本能的に排泄物を猫砂で隠して「においを軽減したい」と思っているのだと思われます。

2.「ボス猫に自分のにおいがバレるとマズい」と思っている

実は「ボス猫は排泄後に砂をかけない」「排泄物のにおいをあえてそのまま放置して、自分のことをアピールしている」といった説があるのをご存じでしょうか。

つまり「自分のにおいを隠す必要がない」と思っている猫は、砂をかける行為をしないことがあるのです。

自分のことをアピールしたい猫がいる一方で、「排泄物のにおいを隠さないと、ボス猫と張り合ってアピールしていることになる」と感じている猫もたくさんいると思われます。

ボス猫との争いを好まない野良猫や、気が弱い野良猫は、余計なバトルを引き起こさないために排泄物を隠しているのかもしれません。

3.「病気を予防しよう」と思っている

排泄物には当然さまざまな菌が含まれています。猫によっては、排泄物の中に寄生虫などが含まれていることもあるでしょう。

そのような菌や寄生虫が周りに広まって病気にかかる子が増えてしまうと、将来的に猫の繁殖にも大きな悪影響が出るかもしれません。

それを事前に防ぐために、本能的に排泄物を隠す習慣が身についた…という説を唱えている人もいます。

「排泄物の放置=病気に繋がりやすい」ということを本能的に分かっている猫は、もしかしたら意外と多いのかもしれませんね。

まとめ

こちらを見つめる猫

猫にとって排泄物を放置することは、さまざまなリスクがあるといえます。そのようなリスクを回避するために、猫砂で排泄物を隠しているのでしょうね。

また、飼い猫で排泄物を放置するのが癖になっている場合は「猫砂が気に入っていない」「そもそも猫トイレでの排泄の仕方が分かっていない」などの問題がある可能性も考えられるため、原因を探って改善してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク