猫が『撫でて欲しいポイント』4つ

猫が『撫でて欲しいポイント』4つ

猫とのコミュニケーションのひとつとして、猫のからだを撫でてあげている飼い主さんは多いはず。愛猫とコミュニケーションをとる中で、どこを撫でてあげれば喜んでもらえるのか。本記事で詳しく解説をしていきます。

1890view

猫はどこを撫でてほしいと思っている?

頭を撫でてもらっている猫

全ての猫に当てはまるわけではありませんが、猫には「撫でられると嬉しい場所」があります。

猫が撫でてほしいと思っているポイントを触ってあげれば、猫からの信頼がさらに増したり、猫のほうから甘えてきてくれる機会が増える可能性も高まるかも…!?

ということで、さっそく『猫が撫でてほしいと思っているポイント』を紹介していきたいと思います。

「猫とのスキンシップがもっと上手になったらいいな」「猫ともっと仲良くなりたい」と思っている飼い主さんの参考になれば幸いです。

1.おでこから耳の裏にかけて

おでこや耳の裏などの顔周りを撫でてもらって喜ぶ猫は多数います。

おでこや耳のあたりは、毛づくろいの際に直接舐めることができないため、軽くマッサージしてあげるように撫でると「気持ち良い!」と感じる子が多いようです。

ただし、顔周りの中でも猫にとってセンサー代わりであるヒゲ部分は「触られたくない!」と思う猫もたくさんいるため、不必要に撫でることはやめましょう。

2.あご

同じく顔周りのひとつである顎部分も、撫でられると喜ぶ猫は多い傾向にあります。

毛づくろいする際、後ろ足で顎をポリポリと掻いている猫の姿を見たことがある人は多いはず。顎を撫でる際は、優しく指で掻いてあげるようなイメージでやってあげるのがおすすめです。

もちろん、猫によって「喜ぶ撫でられ方」は微妙に違ってくるので、優しく掻くような撫で方を嫌がっていたり、そもそも顎部分を触られること自体嫌がっている場合は、撫で方や撫でる場所を変えるようにしましょう。

3.背中

背中部分も、撫でられると喜ぶポイントのひとつといえます。猫にとって背中は「手が届きにくくて毛づくろいしにくい場所」のひとつです。

そのため、背中を撫でてあげることによって「毛づくろいをしてもらっている感覚」になるのかもしれませんね。

4.しっぽの付け根

しっぽの付け根を、ポンポンを優しく撫でるような触り方をすると喜ぶ猫は、意外とたくさんいます。

猫のしっぽの付け根にはさまざまな神経が通っているため、気持ちよく感じる猫が多いそうです。

ただし、しっぽの付け根は非常にデリケートな部分でもあるため「触られたくない!」と思っている猫も多数います。

猫の様子や反応を細かく確認ながら、しっぽの付け根を触るようにしましょう。

まとめ

顎を撫でてもらっている猫

「毛づくろいで手や舌が届きにくい場所」を撫でてもらうと喜ぶ猫は多いようですね。

もちろん、今回紹介した部位以外を撫でられたい!と思っている猫や、そもそも撫でられること自体好きじゃない!と思っている猫もいるので、猫を撫でる時は慎重に様子を見ながら触ってあげるようにしてください。

スポンサーリンク