『愛情不足の猫』に共通する特徴4つ

『愛情不足の猫』に共通する特徴4つ

最近忙しくて、猫を構ってあげられていないな…そう感じることはありませんか?自由気ままに見える猫も、ひとりで放っておかれるのは、寂しいのです。愛情不足がサインとなって現れることがあります。愛情が足りていない猫には、どんな特徴が見られるでしょうか?

4662view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.過剰なグルーミング

前足を舐める猫

きれい好きな猫が、よく毛づくろいをするのは普通のこと。でも、度が過ぎると、毛が抜けてしまったり、皮膚炎を起こしたりすることがあります。元々皮膚病があるわけでもないのにそれほどまでにグルーミングをするのは、不満や不安、ストレスを抱えているからです。

飼い主さんの愛情不足が、猫の過剰なグルーミングにつながることがあります。グルーミングが脱毛や皮膚炎を起こすほどに激しく、正常な範囲を越えていないか、様子を見てあげて下さいね。

2.ウールサッキング

ソファの上でフミフミする猫

子猫に多い、フミフミ。毛布やタオルなどに足踏みをする動作を繰り返したり、おっぱいを飲むようにチューチュー吸う仕草をすることも。成猫でも、甘えん坊の子には見られる行動です。

これらはとてもかわいい動作ですが、行き過ぎると布を食べてしまうことがあります。これをウールサッキング(異食症)といいます。要因はいくつかありますが、ストレスを感じたり、飼い主さんに構って欲しいのに構ってもらえず欲求不満なときなども布を食べてしまいます。

3.大きな声で鳴く

上を見て鳴く猫

落ち着かなくなり、大きな声で鳴いたり、鳴きながら飼い主さんにつきまといます。飼い主さんの気を引きたくて、過剰に甘えることも。これは、不安や寂しさから分離不安の状態になっていると考えられます。

分離不安症は、大好きな飼い主さんから離されてひとりになることに不安を覚え、問題行動を起こす病気です。ものを壊したり、粗相をするなどの問題行動を起こすこともあります。甘えん坊な子や、子猫の頃から構われ過ぎて育った子も分離不安になりやすいといいます。

4.体調が悪い

ペットハウスの中からこちらを見る猫

人間もストレスからお腹をこわすことがありますね。猫も、愛情不足や欲求不満などのストレスによって消化器系に不調をきたすことがあります。病気ではないのに、下痢や嘔吐が続く場合、愛情不足が原因になっていることも考えられます。

まとめ

猫の斜め下からの顏のアップ

猫は、ひとりが好きと思われがちですが、飼い主さんの愛情を必要としています。構ってもらえなかったり、甘えさせてもらえなければ猫も寂しくなるのです。不満や不安がつのって、精神不安定に陥ることも。そうすると、問題行動を起こしたり、体調を崩したりといった変化が現われます。

そのようなときは、留守がちにしていなかったか、十分遊んであげていたか、思い起こしてみて下さい。多頭飼いの場合は、甘えん坊の子、そっけない子などそれぞれ性格が違いますが、それぞれのペースに合わせつつ、皆に構ってあげる必要があります。

猫の寂しいサインに気づいたら、スキンシップを心がけるなどして、愛情を伝えて下さいね。

スポンサーリンク