猫が飼い主を『お見送りするとき』の気持ち3つ

猫が飼い主を『お見送りするとき』の気持ち3つ

仕事や学校に行く時、毎日必ず飼い主さんのことをお見送りするのが習慣になっている猫は多いもの。飼い主さんをお見送りする際、猫はいつもどのようなことを考えているのかとても気になりませんか?ということで、本記事では猫が飼い主さんをお見送りする時の気持ちについて詳しく解説していきます。

6921view

お見送りする時の猫の気持ちって?

窓から身を乗り出す猫

毎日家を出る時に、必ず玄関先までお見送りする猫の姿はとても可愛らしいですよね。「どんな気持ちで毎日お見送りしてくれているんだろう…」と考える飼い主さんも多いのではないでしょうか。

今回はよくある「お見送りしている時の猫の気持ち」をいくつかピックアップし、紹介をしていきます。

1.「寂しい」「早く帰ってきてほしい」と思っている

最もよくあるのは、やはり「寂しい」という気持ちでしょう。大好きな飼い主さんと一緒に家で過ごしたいのに、飼い主さんが外へ出て行こうとする現実をとても寂しく感じている猫は多いと思われます。

寂しがり屋な性格の猫や、飼い主さんと一緒に過ごす時間が長い猫は、このような寂しさを感じやすい傾向にあるようです。

また「早く帰ってきてほしい」と思っている可能性も高く、お見送りだけでなく帰ってきた時の「お出迎え」も欠かさず行う子も多いといえるでしょう。

2.「早くひとりの時間にならないかな~」と思っている

寂しがっているかと思いきや、猫によっては、実は飼い主さんが家を空けるのを心待ちにしているケースもあります。

飼い主さんが出かけている間にいつもイタズラをする、飼い主さんの目を盗んでやっている習慣がある…といった猫の場合、飼い主さんが出かけるのをきちんと見届けてから、行動に移す子もいるようです。

イタズラする事に若干の罪悪感があるからこそ、このようにコソコソとイタズラをするのでしょう。

日頃からイタズラが多い猫を飼っている場合は、あらかじめ出かける前に「イタズラされたくない物を猫の手が届かない場所に移動させておく」「猫が移動できる部屋の範囲を限定しておく」といった対策をとっておくことをおすすめします。

3.「外の様子が気になる」と思っている

お見送りの際、毎回玄関から外に出ようとする猫や、日頃から窓やドアの近くで外の様子を伺うのが好きな猫は「自分も外に出てみたい」と思っている可能性が高いです。

家の中のにおいと、外の世界のにおいは大きく異なります。なので、違ったにおいがする世界のことが気になって仕方がないのでしょう。

ただしこの場合うっかり油断すると、お見送りの際に隙を狙って脱走する危険性もあるため、脱走防止の対策等をしっかりと練っておくことをおすすめします。

まとめ

アメリカンショートヘアの猫

猫がお見送りをする理由は、どれもとても可愛らしいものばかりですね!

ただし、注意をしないと脱走をしたり、外出中の間にイタズラをされてしまう可能性もあるため、留守中も猫が安全に過ごせるための対策をあらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク