猫が思わず『威嚇してしまう人』の特徴4つ

猫が思わず『威嚇してしまう人』の特徴4つ

猫は牙をむき、「シャー」と声をあげて威嚇することがありますよね。「いったい何故?」と思うことがあるかもしれませんが、猫は理由もなく威嚇をすることはありません。猫が思わず「威嚇してしまう人」には共通点があります。いったいどのような特徴があるのでしょうか?

1806view

1.しつこい人

拒絶する猫

猫の可愛さ故に、つい構いすぎてしまうことはありませんか?

頭を撫でてウットリ…。気持ち良さそうにしているからといって長時間続けていませんか?

猫は気まぐれで飽きっぽい性格。しつこく構いすぎるのは禁物です。

シッポをバタバタと動かし始めたら、「もうやめて!」のサイン。威嚇されてしまう前にそっと手を離しましょうね。

2.邪魔をする人

威嚇する猫

猫は、自分のペースを乱されるのを嫌がる動物。

食事をしているとき、寝ているとき、毛繕いをしているとき…。猫が何かに集中しているときに、つい邪魔をしたくなるかもしれません。

しかし、そこはグッと我慢。猫にとっては全てに理由がある大切な時間です。

威嚇されないよう、そっとしておいてあげましょうね。

3.声が大きい人

毛を逆立てる猫

猫は人間とは比べ物にならないくらい優れた聴覚の持ち主。人間が聞き慣れた声でも、猫にとっては騒音なのです。

故に、声が大きい人は、猫に警戒心を与えてしまい、威嚇されることも…。

猫に話しかけるときは、小さめの高めの声にしましょうね。

4.無理強いをする人

怒っている猫

愛する猫をいつまでも触っていたい、抱っこしたいと思うのは当然のこと。

しかし、可愛さ余って、嫌がる猫に無理強いをしていませんか?

自分の都合で、猫を追いかけてまで無理強いをするのは厳禁です。威嚇されてしまうでしょう。

嫌がっているときはそっと離し、猫から寄ってくるまで待ちましょうね。

まとめ

威嚇する猫

いかがでしたか?猫が威嚇してしまう人の特徴をまとめてみました。思い当たることはありませんか?

猫が威嚇するということは、ストレスを与えてしまうことでもあります。愛する猫が穏やかに暮らせるよう、気を配ってあげましょうね!

スポンサーリンク