猫が飼い主の『顔色』をうかがっている時の態度5つ

猫が飼い主の『顔色』をうかがっている時の態度5つ

ツンデレで自由気ままな猫も、飼い主さんの顔色が気になる時があるんです。飼い主さんが元気がない、かまってほしい、叱られたなど、猫が飼い主さんの「顔色」が気になる時、どんな態度でいるのでしょうか?

867view

1.覗き込む

人の耳に口を近づける猫

飼い主さんが落ち込んでいたり、泣いていたり、いつもと違って元気がない様子の時、猫が飼い主さんの顔を覗き込んで顔色をうかがうことがあります。

猫が「どうしたの?」と聞いてくれているみたいで、とてもうれしいですよね。我が家の猫も、私が落ち込んでいると近くに来て不思議そうな目で見てくれることがあります。

2.じーっと見る

座る猫

少し離れた場所から、猫が飼い主さんを見つめて観察していることがあります。

例えば、飼い主さんがイライラしている時や、猫を叱ったあとなどに猫が飼い主さんを見ている場合があるんです。飼い主さんに近寄ってもいいのか、警戒して様子を見ているようです。

飼い主さんがイライラしている時は「近寄ったら良いことがない」と学習していて、離れた場所から顔色をうかがう賢い猫もいます。叱られた後に、飼い主さんが怒っていないか、近づいてもいいのかを遠くから確かめる愛らしい猫もいます。

3.チラチラ見る

振り向く猫

「これで遊ぶと怒られちゃうけど、遊びたい」と猫が思っている時に、飼い主さんの顔色を確かめていることがあります。そんな時は、飼い主さんをチラッと見て様子をうかがっているんです。

また、すでに叱られるようなことをしてしまった猫も、チラチラと飼い主さんを見ていることがあります。

4.耳だけ向ける

片耳を横に向ける猫

飼い主さんの顔を見ずに、音で様子をうかがう場合もあります。

飼い主さんの機嫌が悪そうな時や、いたずらをしてしまった時など、飼い主さんの顔を直接見ようとせず、耳だけを飼い主さんがいる方向に向けているんです。

いつもなら近寄ってくれる猫が、そっぽを向いて耳をこちらに向けている時は、何か猫が気まずいと思うようなことをしてしまったのかもしれません。

5.いたずらをする

トイレットペーパーと猫

猫が飼い主さんに何かしてほしいことがあるのに気づいてもらえなくて、飼い主さんの顔色をうかがいたいという時に、いたずらをしてしまう猫もいるんです。気を引きたい、かまってほしいという気持ちもあるようです。

机の上の物を落とす、乗ってはいけないと言われている場所に乗る、同居猫に八つ当たりをするなど、いたずらで飼い主さんの反応を見ています。

我が家の猫も「今かまってもらえるのかな」と確かめるように、入ってはいけない場所へ入ろうとします。

まとめ

香箱座りの三毛猫

猫が飼い主さんの「顔色」をうかがう時、飼い主さんを見て確かめています。

飼い主さんの顔を覗き込んで見る時もあれば、チラチラと見たりする時もあります。耳だけで様子をうかがったり、いたずらをして確かめたりすることもあるんです。

愛猫がどんな時、どのような態度で飼い主さんの「顔色」をうかがっているのか、たまにはチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク