猫を上手に『お風呂』に入れる方法は?準備から注意点まで徹底解説!

猫を上手に『お風呂』に入れる方法は?準備から注意点まで徹底解説!

「お風呂が苦手」という猫は数え切れないほどたくさんいます。お風呂が大好きという猫のほうが珍しいといっても過言ではないでしょう。でも、猫を飼っていると「どうしてもお風呂に入れないといけない状況」に遭遇することもあります。猫を実際にお風呂に入れる場合、どのような点に注意をすればよいのか、本記事で詳しく解説していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

604view

猫をお風呂に入れるための事前準備は?

タオルを巻いている猫

猫をお風呂に入れる前に、まずは必要な物を揃えるところから始めましょう。猫をお風呂に入れる際、最低限必要なものは以下の通りです。

  • 猫用シャンプー
  • タオル
  • ドライヤー
  • ブラッシング用のコーム
  • 耳掃除用の洗浄液とガーゼ
  • 猫用の爪切り

シャンプーは人間用のものだと猫には刺激が強すぎてしまうので、必ず猫用のものを使用しましょう。また、からだを乾かす際に使うタオルとドライヤーも必須です。

また、お風呂に入れる前にブラッシングや耳掃除、爪切りを済ませておくことをおすすめします。お湯を使わなくても綺麗にできる部分は、事前に処理しておきましょう。

そのために、ブラッシング用や耳掃除用の道具、爪切りなども事前に準備しておくのがベストです。

猫をお風呂で洗う手順は?

石鹸まみれの猫

お風呂に入れる準備が整ったら、いよいよ猫をお風呂場で洗っていきます。

お風呂が大の苦手でシャワーの音さえも怖い!という場合は、猫用のバスタブを使うのがおすすめです。ただし、シャワーを使っても怖がらないようであればシャワーを使ってもよいです。

猫用バスタブを使う場合は、まずバスタブの中にぬるま湯を入れます。ぬるま湯の温度は約35度くらいがベストです。

そして、バスタブの中に猫を入れてからだ全体を濡らしたら、猫用シャンプーを手にとってからだ全体を優しく洗っていきましょう。

顔周りにシャンプーがつかないように、注意しながら洗うのがポイントです。次に、一度濡らしてから固く絞ったタオルで顔周りをそっと拭きましょう。

最後に、ぬるま湯で顔周り以外をしっかりと洗い流します。この時も、猫の顔や耳にぬるま湯がかからないように気をつけてください。

お風呂からあがった後の手順は?

シャワーをあびる猫

シャンプーをしっかりとすすぎ終わったら、まずはタオルを使ってタオルドライをしていきます。

思いっきりわしゃわしゃと勢いをつけて拭いてしまうと猫がびっくりしてしまう可能性があるので、優しく丁寧に拭いてあげるのが重要です。

タオルドライで水滴がなくなってきたら、猫が暑さを感じない程度の距離感でドライヤーを当てて、乾かしていきます。

ただし、ドライヤーの大きな音を怖がる猫もたくさんいます。もし、愛猫がドライヤーを怖がっているようであれば、吸水性のよいタオルでしっかりとタオルドライしてあげるのもいすすめです。

からだ全体が乾いたら、最後にブラッシング用のコームで毛並みを整えて完了です。

まとめ

洗面台にいる猫

猫の様子も見ながら、優しく丁寧に洗ってあげるのがお風呂に入れるコツです。

人間のように毎日お風呂に入れてあげなきゃいけない!という訳ではありませんが、お風呂に入れないといけなくなった時は、できるだけ猫に負担がかからない方法で対処してあげるのが理想的といえるでしょう。

スポンサーリンク