猫を飼うのが向かない人のタイプ5つ

猫を飼うのが向かない人のタイプ5つ

猫を飼いたいと思っていても、飼うのに向いていない場合があります。それはどんな人なのか?向いていないのに飼ってしまったら、お互い不幸になってしまうかもしれません。飼う前にしっかりと、チェックしていきましょう。

10483view

1.猫のペースを尊重できない

膝上の猫

猫はマイペースな生き物で、自分の好きな時に好きなように動きます。そのことを理解できないと飼うのには向いていないかもしれません。

飼い主さんが望むようには動いてくれないことがほとんどですので、こちらの要求を押し付けないように気をつけましょう。猫のペースに合わせてあげるというスタンスの方が猫との暮らしは上手くいきます。

2.猫の行動を許容できない

可愛がられている猫

猫は自分が好きなように行動します。それが飼い主さんの気に入らないこともあるかもしれません。でも、決してわざと嫌な思いをさせる為に行なっているのではないのです。

そこを誤解してしまうと猫に対して嫌な気持ちを抱いてしまうかもしれません。あくまでも自分の習性や欲求に従って動いているだけです。勘違いしてキツく叱るなどしないようにしてあげてください。

3.気持ちを理解できない

ハテナばかりの猫

猫は言葉こそ話しませんが、様々なボディランゲージで自分の気持ちを伝えてくれています。それを理解できないと、コミュニケーションを取るのが難しいかも…。

初めのうちは分からなくても、一緒に過ごす時間が長くなるとだんだんと分かってくるはずです。なるべく気持ちを理解しようと努めることも大切です。猫を見て察知したり、情報収集して気持ちを汲み取るようにしてあげてください。

4.犬のようにしつけようとする

犬と猫

猫を犬のようにしつけようとするのはかなり難しいです。クリッカートレーニングなどを使えばしつけができない訳ではありません。

ですが、覚えるまでにはかなりの時間と手間がかかる場合が多いです。その為、犬のようにできないと叱るなどはしないようにしましょう。そこを勘違いしてしまうと、お互い楽しくなくなってしまいそうです。

5.お世話がしっかりとできない

お手入れ

飼い主さんとして猫のお世話をしっかりとすることは大切です。ご飯を与えるのはもちろん、水場の用意やトイレ掃除など、やることはいくつかあります。

猫が快適に暮らせるように環境を整える必要があるのです。それがしっかりとできないと飼うのに向いていないといわざるを得ません。

きちんとお世話ができないと猫が健康的な生活を送ることができず、病気になったり最悪の場合は命に関わることもあるでしょう。

まとめ

噛まれる

お互いに快適に暮らしていく為には猫の性質を良く知り、理解することが必要です。人と似ている部分もありますが、全く異なるところもあります。違いを理解し受け入れることで、お互いに楽しく暮らしていくことができるでしょう。

スポンサーリンク